【恋愛男性心理】男子が女友だちを「本気で好きになる瞬間」4選

職場には女子ばかりで、とても男友だちなんてできない……という女性も多いかと思います。そういう人の為に街コンや合コンが存在するわけですので、友だちから恋人になるという自然な流れを作ろうと思えば、街コンなどに行ってみるといいかと思います。

今回は何人かの男子に、「女友だちを本気で好きになる瞬間」についてお話をお聞きしてみました。さっそくご紹介しましょう!

1:会う度に楽しそう

「会う度に楽しそうな女子って、なんか2回目くらいに会った瞬間から、彼女にしたいと思います」(24歳/建築)

恋愛を含めた全ての人間関係って、相手に楽しさを与える人が「ちょっと上」に立てますよね。誰だって「ごく普通の」楽しくもない毎日を過ごしているわけですから、会う度に楽しそうとか、会う度に楽しい気持ちを与えてくれるって、すごく大事な才能です。

もっと大人になると、地元の良心的なスナックがこういう役割を果たしているということを知ることになったりもします。常に寂しいのが男女子は小さくとも安定した幸福感を抱いている、と言えば一般化のしすぎかもしれませんが、まあそういう傾向は取材を通して感じるところです。

2:プライベートの話が中途半端に謎に満ちている

「プライベートの話が中途半端に謎に満ちている女子のことを、本気で好きになります。誰と行ったのか分からないけど、先週、温泉に行ったと話す女子とか、収入がいくらなのかないけど、会う度にいい洋服を着ているような女子です」(27歳/広告)

男子って割とミステリアスな女子に本気で惹かれる傾向にあります。ミステリアスな女子には必ず裏があるから気を付けようと思うのは、女子に騙された後だったりします。要するに男子は「騙されたい」と思っていることもある、ということです。

3:見つめられて……

「定番ですが、合コンでじっと見つめられたら本気で好きになりますね」(26歳/IT)

見つめるとか、チラ見している時に目が合う……というのは、定番にして最も男子の気を引きやすい行為でしょう。男心とは「常に勘違いしている(勘違いしたい)」という気持ちのことだったりもします。

4:なんか全部がセクシーで

「身体つきや顔つきが、どことなくセクシーな女子って、本気で好きになってしまいますね」(25歳/運送)

男子って、本気で好きになる=関係を持ちたい……という思考回路だったりもするので、まあ正しい男心かと思います。

今回のまとめ

いかがでしたか?

あくまでも個人的な取材の結果に対する考察ですが、男子は「尊敬している相手」以外は、誰とでも恋愛OKだろうと思います。出会った瞬間にタイプではなくとも、ご紹介したような瞬間に、ふと恋に落ちるものです。

こういうのを、世間では短く「男は誰でもいいと思っている」と言います。あながち間違いではないように思いますが、いかがでしょうか。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

13いいね!

4うーん…