あなたは試されてる!男性が恋人を採点する方法と愛し方【後編】

 男性は女性に対し最初に甘めの点数をつけ、そのあと引き算していく・・・なんて云われていますが、それは一般論。

彼が愛情を求めている時=愛が試されている時・・・を見逃さなければ、点数をプラスしていくことが出来ます。つまり、もっともっと愛される彼女になれるってこと!

 アメリカの心理学者ジョン・グレイ博士の説による、“こんな時、あなたの愛情は試されている”状況と、プラス点のつく“愛され対応”の後編をご紹介します!

前編はコチラ⇒http://koigaku.machicon.jp/column/41278/

求められるのは“感情をコントロール出来る女性”

① 彼が彼女に何かをしてくれるように頼んだ時、いちいちクドクドと理由を並べ立てて断るような真似はしない。明快にひと言「NO」と言う。―――プラス10点

② 彼が彼女に何かをしてくれるように頼んだ時、彼女はいい雰囲気をたたえたまま快く「YES」と答えることができる。―――プラス10点

③ 二人が喧嘩をした後、彼のほうが先に仲直りをしようとして、彼女のために小さなことをやりはじめた時、それを素直に受け入れ感謝の気持ちを返すことができる。―――プラス30点

④ 彼が帰宅してきた時、彼女は心底から幸せそうである。―――プラス20点

⑤ 彼に対して不満を抱いた時、彼女は、その感情をすぐに言葉や態度にしてぶつけず別の部屋へ行ってひとりで気持ちの整理をつける。そして、感情の高ぶりが鎮まり、気を取り直すことができた時に、より愛情深く素直な態度で接することができる。―――プラス20点

⑥ 彼女は、まともに対処しようとすると自分の感情をひどく刺激し、精神状態を乱してしまう恐れがあると判断した場合、彼の失敗を意識的に見逃してあげる。―――プラス40点

⑦ 彼女は、彼とのセックスを心底から楽しんでいる。―――プラス40点

求められるのは“気遣いと感謝を示せる女性”

①彼が家や自動車の鍵をなくしてしまった時、彼女は彼を無責任だと非難したりはしない。―――プラス20点

②二人で外出する際、自分の好みではないレストランや映画へ連れて行かれた時の不満感や失望感の表現法が実にさり気なく控えめで、彼の気持ちを傷つけない如才のなさを身につけている。―――プラス20点

③彼が運転中や自動車を駐車しようとしている時には、けっしてよけいなアドバイスをせず、無事に運転して目的地にまで連れてきてくれたことを素直に感謝できる。―――プラス20点

④彼が犯してしまった過ちにいつまでもこだわり、文句を言い続けるよりも、彼女に甘えてストレートに支援を求めてくることを好む。―――プラス20点

⑤彼女は、彼との行き違いで生じた自分の否定的な感情をけっして彼自身に対する不平不満や拒絶という形で非難することなく、問題自体に的を絞って率直に彼に訴える。―――プラス40点

後半のまとめ

 いかがでしたか。

前後編の23項目を全て実践せよということではなく、男性がこのように繊細だということを理解しておくのが大切なんです。男性は、否定されたり責められるのを想像以上に恐れているということを覚えていれば、パートナーを責めたり、感情をぶつけそうになったとき、思いとどまれるのではないでしょうか。

 彼氏がマイナスの状況になったときこそ、プラスのエネルギーを込めた“愛され対応”で、ボーナス点を貰いましょう!

 

【参考文献】「ベスト・パートナーになるために」ジョン・グレイ 三笠書房


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…