腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ  

あなたは「腐れ縁」というのを感じたことがあるでしょうか。別れても偶然再会を果たし、復縁してしまう。離れてもいつの間にか戻ってしまう。そんな切っても切れない腐れ縁の関係。「もしかしたらこれが運命の人なのかもしれない」と思うこともありますが、なぜか決定打に欠け、自信がもてない……。そんな関係の男性が居ると、その愛をこの先どうすればいいのかわからなくなるものです。

二人の関係は単なる腐れ縁なのか、それとも運命の恋なのか? 今回は、その辺について考えてみましょう。

腐れ縁とは?

「腐れ縁」とは、『縁を切ろうとしても断ち切れない、好ましくない関係』のことを言い表します。

諸説ありますが、その昔は腐れ縁を「鎖縁」と書き、お互いがどんなに離れても、鎖で繋がれたかのように惹かれ合う、離れられない運命の相手とされ、現在とは逆の意味合いになっていました。

「あの人たち腐れ縁だよね」、まわりからそう呼ばれるカップルをはたから見ると、別れたはずなのに、気がついたらヨリを戻していた、いつもケンカばかりしているけど別れる様子がない、別れることを友人に相談したり、今後について真剣に考えるけど結局別れられない。まわりから「どうして別れないの? 」と聞かれると、「もう少し考えることにした」「今回だけ」などと言い訳を並べたりもします。

こうした関係を持ったことがない人には理解できないでしょうが、本人たちからしたらどうしても離れられないのです。自分の意志では「別れたい」そう思いつつも不思議と離れられない。別れても不意に相手の顔が浮かんだり、どこかで偶然再会してしまうとヨリを戻してしまう。運命なのか偶然なのか、よくわからない。それが「腐れ縁」というものです。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

これって腐れ縁? 見極めポイント10選

①周囲の人から交際を反対される

腐れ縁カップルは、自分たちのことをそういう風には思っていないこともしばしば。恋愛に夢中の時は自分のことを客観視できなかったりするので、仲のいい友人や家族から心配をされることがあります。自分は気にしていなくとも、まわりから二人の交際を反対されたり、心配されることがある場合は、あなたと彼は腐れ縁の可能性があります。

②別れと復縁を短期間で繰り返している

腐れ縁の大きな特徴は、短期間のうちに別れと復縁を繰り返すことです。本気で別れるつもりじゃなかった、彼を反省させるために別れただけ。本気で別れたつもりだったけど、彼が落ち込んでいることを知ると復縁してしまう。恋愛では、簡単に交際したり別れたりすることはあっても、短期間のうちに復縁をすることはそうありません。別れたり、復縁したりするきっかけはなんであれ、何度も復縁してしまうカップルは腐れ縁なのかもしれません。

③二人の関係について真剣に考えたことがない

腐れ縁と呼べるカップルは、二人の関係についてあまり真剣に考えない傾向があるようです。

二人の関係というのは「自分は彼にとってどんな存在なのか?」「彼は自分にふさわしい人なのだろうか」と考え、見えない正解に向かってお互いに信じあう関係のこと。恋愛は二人の関係性によって上手く交際が進んだり、「違う」と感じたときには別れて新たな恋を探すものです。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

④お互いに依存度が高い

腐れ縁のカップルが別れてもすぐに復縁してしまう理由には、お互いの依存度が高いことが原因の一つです。一緒に居るとケンカばかりで、いつも気持ちがすれ違う。でも、実際に別れてみると「あの人がいないとダメ」と寂しくなってしまうのは、相手に依存しているからなんです。長い期間を過ごすと、普段は気がつかなくとも、いつの間にか心のよりどころとして相手に依存してしまうことはよくあるものです。アニメのトムとジェリーがわかりやすい例ですね。

⑤スペックなどお互いの利害関係があっている

カップルや夫婦が長年良好な関係を続けていくには「価値観」が大事です。自分の価値観すべてを理解してくれる人はそういないでしょうが、一つや二つ価値観を共感できる相手だと、多少のことには目をつぶれたりします。腐れ縁と呼べるカップルには、そうした価値観、お互いのスペックや利害が一致していることが多いので離れられられないことがああります。

⑥家族ぐるみ、地元の友人ぐるみで仲がいい

家族ぐるみや、地元の友人ぐるみで仲がいいと、別れたいと思っても、ここまで築いた家族や友人との関係を簡単にリセットすることがなかなかできません。相手と別れてしまうと、もう二度と会えないかもしれない……。これも腐れ縁カップルが離れられない理由の一つではないでしょうか。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

⑦新たに誰かと恋人関係を築くのが面倒くさい

恋愛は労力を使うもの。お互いを知らないうちは自分のことを説明したり、相手のことを理解しようと努力したり。これが結構面倒くさく感じてしまうもの。これを考えてしまうと、新しい恋人を作るより今の相手といることを選んでしまいます。

⑧一緒にて楽だし気を使わない

長い期間交際を続けると、お互いのことはある程度理解しているので、一緒にいても変に気を使うことがありません。気を使わないで過ごせる関係というのは、かなり居心地がいいもの。「好き」という気持ちは薄れていても、なぜか別れようという気にはなれません。

⑨彼といても成長はできないと感じる

彼と一緒にいても自分が成長できない。腐れ縁の関係を続けている女性の多くはそう語ります。人は多くの出会いの中で成長していきますが、腐れ縁の関係を続けていると自分の成長には繋がらず、ただ時間を無駄にしている、そんな風に感じてしまうものです。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

⑩将来について、具体的なことが何も決まらない

彼とどうなりたいのか? 考えても具体的な答えが出ないのも腐れ縁です。なんとなく一緒にいてしまう関係なので、その先に将来のビジョンは見えてきません。将来のことを一緒に考えても、何も決まらないのは二人でいることが自然だからです。一緒にいることが当たり前なので、今の関係そのものが、将来の“延長線上”ということでもあります。

腐れ縁とは違う切っても切れない、特別な縁とは?

テンションが低いからといって、運命の恋じゃないとは言えません。結婚に繋がるような特別な恋愛すべてが、ドラマチックとは限らないのです。ただ、淡々としていても、腐れ縁とは明らかに違う傾向が現れるのが、運命の恋。次に挙げるポイントが当てはまるなら、そのお相手とは強い絆で結ばれることになるでしょう。

 

①離れてもなぜか会うチャンスが必ず巡ってくる。

②本人たちの意志に関係なく、深い関わりを持つ必然の状況がある。

③ケンカがより理解を深める良いきっかけになる。

 

特に注目するべきは、「本人たちの意志に関係なく」という部分です。会いたいと思わなくても顔を合わせる機会が訪れたり、何となくの流れで一緒に食事をすることになったりと、「なぜかそうなってしまう」状況があるなら、運命は2人を引き寄せていると考えるべきでしょう。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

腐れ縁には「意志」が伴う

一方、将来性がないにも関わらず、どうしても離れられない腐れ縁とはどういうものかを見ていきます。

 

①甘えたい時、愚痴りたい時に、会いたくなる。

②お互いに依存して、怠惰でラクな状態に陥ったり、安易にセックスに溺れて現実逃避したりする。

③ケンカがお互いの心身を傷つける。

 

こちらで特に注目したいのは、①です。安易に甘えようとか、愚痴を言って憂さ晴らしをしたいという時に会いたくなる相手とは、高尚なマインドを共有し合えません。お互いに悪い影響を与え合うだけで、関係が切れないのは腐れ縁のせいだといえます。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

腐れ縁には、良くない「引き寄せの法則」が働く

後ろ向きな気持ちを分かち合い、すすんでぬるま湯につかる男女の間には、淀んだ良くないムードが漂います。運命の恋に多く見られるような、快活さや期待はありません。

スピリチュアリズムの世界には、「引き寄せの法則」というものがありますが、同じ魂や波動は共鳴し合い、自然と引き寄せ合います。ズルさや甘え、怠惰さを求めるときに会う相手には、同じようにマイナス感情が働いていて良い影響を与え合うことはありません。

腐れ縁に発展性がなく、無駄に時間だけが過ぎていくのはそのせいです。良くも悪くも刺激がなく、何も生み出さない関係だからこそ、「居心地が良い」と勘違いしてしまうのです。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

適度な刺激やショックが与えられるのが、本当の愛に繋がる縁

ダラダラと続いていてテンションも低いけれど、本当の愛が育まれる関係には、程よいタイミングで刺激が与えられます。それは、必ずしも嬉しい気づきや喜びではないでしょう。反省を促されるとか、「このままじゃいけない」と焦るなど、ショッキングな出来事もあるはずです。

でも、そんな心の揺さぶりが、お互いを見つめ直して真摯に向き合う「鍵」となります。淡々としていて居心地も悪くない、でも決してラクなだけではない。それこそが、切っても切れない関係であり、運命の恋に繋がる縁だといえます。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

腐れ縁を断ち切る方法

①思い切って連絡先や思い出の品を捨てる

本気で別れられないのは、彼との思い出の品や連絡先を残しておくからです。腐れ縁の関係を断ち切りたいと思うのであれば、悲しいですが思い出はすべて感謝の気持ちを込めて捨て去りましょう。気持ちが軽くなるはずです。

②引っ越す

心機一転、新たな生活環境にしてみるのもアリです。自分の部屋には目には見えない彼との思い出が存在するので、それを断ち切るために新しい家に引っ越してみましょう。環境が変われば自分の気持ちにも変化が訪れるはずです。

③人間関係を一新する

彼と離れられない理由には、彼とゆかりのある人たちとの付き合いも原因があります。彼と本気で別れるのであれば、彼とゆかりのある人たちとの交流をやめる決断をしましょう。新たな人間関係を築く努力をすれば、いつのまにか彼のことをあまり考えなくなります。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

腐れ縁を良い縁にするには?

①自分が変われるかどうか

彼との関係を腐れ縁と呼ぶかどうかは自分次第。あなたの気持ち一つで彼を運命の人

に変えることができます。彼と向き合おうとする気持ちが、あなたの心を変化させ、彼との腐れ縁を良い縁に導いてくれるのです。まずは自分が変われるかが重要なポイントですよ。

②相手も変わる努力をしてくれるかどうか

あなたがいくら良い縁にしたいと思っても、相手の努力も必要です。そのためには、相手と直接話し合ってみたり、自分が努力する姿勢を相手に認めてもらいましょう。あなたの前向きな行動や日常の変化は他人を変えるエネルギーがあります。その気持ちを忘れずに相手と真摯に向き合えば、その思いは通じていくはずです。

③二人とも今の関係を変えたいと望んでいるか

いちばん大事なことです。お互いがこのままの関係を変えたいと望んでいないと、いつまで経っても良い縁を引き寄せることはできません。どちらか一方が関係を変えたいと望んでも、それは二人の意見ではないので変えることはできません。二人が心から変えたいと思えたときが、腐れ縁から良い縁に変わっていく瞬間です。

腐れ縁と、切っても切れない縁の違いとは? 本当の愛を見極めるポイント10つ   

出逢いは偶然ではなく必然

男女の出逢いは偶然ではなく必然だと思ってください。お互いに引き合う波長があったからこそ、あなたと彼は出逢ったのです。現在は腐れ縁と呼べる関係かもしれませんが、あなたと彼の相性が決して悪いわけではありません。変えようと努力すれば良い縁にすることもできます。

そして、いちばんダメなのが“腐れ縁のままを続けること”、彼との関係が腐れ縁と気づいたときには、これからのことを真剣に考えてみてください。

考える思考は行動になり、行動は変化を生み出します。その変化はあなたと彼の運命を変えてくれる力になってくれるはずですよ。

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

37いいね!

7うーん…