彼氏と喧嘩した時に絶対に言ってはいけないNGワード3つ

「大好きな彼氏といつまでもずーっと仲良くしていたい!」
そんな強い想いを秘めているそこの貴女!
そうは思っているものの、些細なことがきっかけで喧嘩してしまったことはありませんか?
「喧嘩した時、私は話し合いたいのに彼が無視する・・・」
「早く仲直りしたいのに、彼が黙りっぱなし・・・」
そんな話をよく聞くことがあります。

実はこれ、男女脳間の違いが引き起こしているものといわれています。
喧嘩の際、女性はすぐに話し合いをして解決したがる性質があることに対し、
男性の場合は一旦その状況から離れたいと考える性質があるといわれています。
そのため、このようなすれ違いが起こってしまうと考えられるのです。

ですから、もし喧嘩をしてしまった場合、お互いを考慮してあげることが仲直りの近道になります。今回は、喧嘩した際に彼に言ってはいけないNGワードをご紹介しましょう。

 

1.「黙ってないでよ」/「無視しないでよ」

これは一番言ってしまいがちな言葉ですね。
しかし、彼は今頭の中でじっくり精一杯整理をしているのです。
そんな時はしばらく距離をおくなど、放っておいてあげましょう。
もし、このワードを頻繁に言ってしまったら、貴女と仲直りすることが面倒になってしまうかもしれません。

2.「面倒くさい」

喧嘩をしてお互いにすれ違ってしまい、なかなか解決できない・・・
そんな時は真っ先にこの言葉が頭をよぎるかもしれません。
しかし、もし彼が貴女と仲直りするためにどうするべきか精一杯考えているとしたら、
この言葉を聞いただけでそんな気持ちは吹っ飛んでしまうかもしれません。

3.「はぁ•••(ため息)」

こちらが何を言っても無視されてしまう・・・
そんな時、溜息をつきたくなってしまうことがありますね。
しかし、彼にとってはそんな貴女の態度に嫌気がさしてしまうかもしれません。
怒り顔での溜息ほど、可愛いと感じない瞬間はないものです。

喧嘩を乗り越えた先には……

如何でしょうか?
喧嘩してしまった時に、うっかり言ってしまいそうなこれらの言葉、
早く仲直りしたいのならば、なるべく避けた方が良いでしょう。

喧嘩自体は決して悪いことだけではありません。
いざという時はこのコラムを思い出していただけたら嬉しい限りです。
その喧嘩を乗り越えることによって、2人の絆がますます深まることをお祈りしています!


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…