好きな人をゲットするまでに外しちゃいけない3日間のXディ!

片想いの間って一つ一つの彼の行動や言動が気になりますよね。
どのタイミングで誘えば良いかとか、どのタイミングで連絡したら良いかとか…。
うーん、悩みますよね。

でも、そうやって振り向いてもらえるまでの間、全ての行動を考えすぎてませんか?全部に全力になりすぎて逆に失敗したりしていませんか?

しかーし! 片思いの期間中、外してはいけないポイントは実はそんなに多くはなく、そこさえしっかり押さえておけば彼をゲットすることもそんなに難しくないのです!

というわけで、好きな人をゲットするまでに外しちゃいけない3日間のXディ!をご紹介致します!

二回目に会った時!

衝撃を受ける様な出会い!…なんてそうそうありません(笑)
多くのカップルに聞いてみると、初めまして出会った時は、だいたいが「特に何も思わなかった」というのが多いんですよね。
それよりも、好きになる確率が高いのは断然「二回目に会った時」なのだそうです。

出会いの時は、存在を認識される段階。
そして二回目は、すでに存在を認識された後なので、「どんな人なのか」に目が向くのです。その時に自分の人柄をうまくアピール出来れば彼の気になる存在になれる可能性も高いというわけです。

ちなみに、この時のポイントは「一緒にいて楽しい人」「なんとなく色気のある人」と思われることです。
色気に関してはがんがん出してしまうと体目的の相手になりがち。「なんとなく」に留めておきましょう。

初めての長電話の時!

付き合う前の定番と言えば長電話ですよね。
寝る前の一時、どちらからともなく電話をしてたわいもない話をする時間。恋人同士かと錯覚してしまいますよね。

そう、この長電話のハードルを越えたらあとはデート、そしてカップル誕生という流れがデフォルトなのです。

そしてその時に大事なのは、会話のテンポ感と声の雰囲気です。好きな人だからと張り切りすぎず、ベッドの上でリラックスしながら話す感じのテンションがちょうど良いと思います。

初めてのデートの時!

「デートってどこからがデートなの??」
線引きは難しいですが、何も朝から待ち合わせをして、一日どこかに行くことだけがデートではないと思います。
二人っきりで約束をしてただ飲みに行くだけであっても、好意を持った相手であればデートだと認識していいのだと思います。
お互いが完全に友達だと思っているのであればともかく、どちらかに恋心があるならば、それに気がつかないふりをして二人っきりで会うこともデートのうちです。

というわけで、「好きな人をゲットするまでに外しちゃいけない3日間のXディ!」の最後のXディは、初デートの日です。この日は付き合う前の二人においてもっとも重要な日。

ここで大事なのは、「彼に気に入られようとしすぎないこと」です。
自分らしく、ありのままで自然体でいることが大事です。
そして、そんないつもの自分に少しだけ華やかさと女性らしさをプラスして。
男性にとって女性は、いつまでも「憧れの存在」なのです。会話が途切れたとしても、好かれようと媚びるのではなく、堂々と在りましょう。

そして、次のデートの誘いは必ず男性からさせてください。連絡が来なくても焦らないで待ちましょう。彼があなたを好きになっていたら、必ず連絡が来るはず。脈ありの場合、次の連絡が来るまでのリミットは1週間半です!


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…