合コンは全員が主役!友達をネタにする女性は嫌われる!

男女が複数人で集まって楽しむ合コン。割と多くの女性が実際にやったことはあるとは思うのですが、なかなか新鮮な気持ちになれますよね。
明らかな数合わせ要員で呼ばれたとき以外は、それなりに楽しめるものです。
楽しんだ上で彼氏までゲットできる可能性もあるんですから、合コンってのはつくづく素晴らしいイベントですよねぇ。

ただ、そんな楽しい合コンでも、ちょっとしたことで空気が悪くなったり、自分の印象を落とすことに繋がってしまいます。
特に男性が引いてしまいがちなのが、同性の友達の暴露ネタです。

男性はか弱い!身内ネタは決して過激さを求めてはならない!

話が盛り上がらなくなったとき、合コンのネタになる手軽な話題が、参加している同性についての話だったりします。
たとえば「○○ちゃんは大学生の頃から男性とのお付き合いが苦手で、今日も散々嫌がったのを無理やり連れてきたの」なんて話をすれば、
男性の興味はその○○ちゃんと、そんな彼女を連れ出す行動派な話し手に向くことになりますので、これは話題を広げるためにも非常に有効でしょう。

しかし、合コンでたまに見かけるのが、ちょっと身内をイジりすぎている女性
お酒も入っていると気持ちが大きくなるものですが、それにしても周囲の雰囲気が一変しているのに、
それに気づかず延々とマイペースで友達の暴露話なんかをしている女性を見る機会は、結構多かったりします。

「ちょっともうその辺にしておけよ」という言葉を、いつ、誰が投げかけるかの目配せなんかを男性陣で応酬しなきゃならなくなったり、
下手すると合コン会場に居合わせた全く無関係な人にまで嫌な思いをさせてしまいます。

身内ネタを披露するなら、毒にも薬にもならないイメージで伝えよう!

極端なケースですが「この子、前にパパがいたんだけど捨てられて、今フリーなの。可哀想でしょ」とか、耳を疑う話をしている女性、筆者は何回か出会ってきました。
こんな話をすれば男性は「この女の子は秘密とか守れないんだろうな」と思うこと間違いなし。
また、ネタにされた友達からの印象も最悪なものになるでしょう。
実際このとき、ネタにされた女の子は露骨に不機嫌になって、早々に退席しちゃいました。

基本的に男性と女性とでは、話のエグさの基準が違います
そして女性の思う「ここまでは暴露してOKでしょ」は、男性からしたら「うわ~何それ、聞かなきゃよかった」のラインをとっくに過ぎているものです。
友達をネタにすることがNGというわけではないのですが、せいぜい「寝坊癖がある」とか「ご飯を食べるのが遅い」ぐらいに留めておきましょう。

おわりに

男性の中には暴露話が大好きで大好きでしょうがないという変わった奴もいるにはいますが、そんな男性ばかりが集まる合コンというのはなかなかありません。
やはり合コンの理想としては、誰もが嫌な思いをせず、参加した全員がそれぞれに気に入った異性を見つけることですね。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…