この人は運命の人かもしれないと思ったら確認しておきたいこと3つ

「この人はもしかしたら運命の人かもしれない」という出会いって、人生の中でいくつかありませんか?

30代のそれは残りの人生の時間を一緒に過ごす相手になる可能性があるので、特に大切にしたいものですね。

「運命の人」という定義は人によって変わってきますが、スピリチュアルの世界や筆者の周囲の既婚友人達からリサーチしたいくつかの定義をご紹介したいと思います。

それは相手に質問をする形式で分かる事です。

そこで、「この人もしかしたら…」と思ったら、是非聞いてみて下さい。

今回はそんな魔法の質問をいくつかご紹介致します!

「手相を見せて」

小指の付け根と感情線の間にある短い線を結婚線と言います。
…と言うのは恋学ユーザーならもう100も承知ですよね(笑)
そこで、「運命の人かもしれない」と思う人が出来たら、「手相を見せて」と聞いて見て下さい。
そして「手大っきいね〜」などと言って、何気なく手のひらを結婚線がくっつくように合わせてみて下さい。

なぜなら…。

運命の人であれば、結婚線がぴったりとくっつくとのことなのです!すごい!
ただ、もし万が一ぴったりとくっつたとしても、興奮してそこに対して言及しないように。
まだ出会ったばかりの時期であれば確実に引かれるでしょう(笑)

「どの時代が好きですか?」

スピリチュアルの世界では運命の人という存在を、「ソウルメイト」や「ツインソウル」という呼び方に置き換えたりします。

魂の繋がりが深く、ある人生のタイミングが来たらお互いの魂が共鳴して出会うのです。

現世では初めて出会ったとしても、魂的には“初めまして”ではないのです。

どこかの過去世で必ず出会っています。その時は夫婦だったのか、兄弟だったのか、あるいは嫌いな相手だったのか、関係性は様々。初めて会った時に懐かしい感じがするというのも運命の人の定義だと思いますが、懐かしいと感じるのは実はそういう事も関係しているみたいです。

そして、自分の魂が強力に引き寄せられる過去世があるとしたら、運命の人も全く同じ時代を好きだと答えるでしょう。

あなたはどの時代が好きですか? どの時代が気になりますか?

そして彼は、どの時代が好きだと答えるでしょうか。

「これからどういう風に生きていきたい?」

運命の人というのは、その出会いもタイミングがベストな時なのです。
例えば、どちらかが人生のどん底で。例えば、どちらかが絶好調の時など、お互いの人生のモードがチグハグな時というのはほとんどありません。

スピリチュアル的に言いますと、運命の人に一番出会いやすいのは、お互いに何か大きな壁を乗り越えた後と言います。

大きな壁を乗り越えた後、それは新しい人生の目標を設定するタイミングでもありますよね。これからどう生きたいか? という方向がぴったりとはまった場合、その人は運命の人である可能性が高いでしょう。

人生の次なるステージを,、二人で同じ方向を向いて乗り越えて行く。

そういうタイミングで出会うのです。
あなたはこれからどう生きていこうと考えていますか?
そして、彼はどう生きようと考えているのでしょうか。

是非聞いてみてください。


この記事どうだった?

13いいね!

14うーん…