ぶっちゃけ痛いんです……エッチに前向きになれない「痛み」克服法

エッチの時に感じる痛みを正直に彼に言えない、という女性は多いはずです。でも、病院に行くほどの症状が出なければ、大抵の女性は「自分に原因がある」と考えてしまうでしょう。誰にも相談できずに、一人で痛みを我慢するケースが少なくありません。

まずは、何がどう痛いのか、なぜ痛いのかという原因を知ることが大事。そして、的確な対処をするべきです。

濡れなくて痛い

濡れるからといって女性は感じているわけではありません。また、気持ち良くても濡れない場合だってあります。

そもそも女性の愛液とは、性行為や心的興奮により膣内部が充血して、膣壁にある毛細血管から水分が漏れること。言ってみれば、です。額やワキの汗の出方に個人差があるように、愛液の量や質も人それぞれ。また、過度なダイエットやストレス、加齢にも出方が左右されるため、濡れないことは決して異常ではなく、誰にでもあり得る症状だといえます。

そのため、体質的に濡れにくいという場合は、ローションを使うと良いでしょう。ローションは風俗店やAVだけが使うものではありません。普通のカップルが活用する例も多いので、恥ずかしがる必要はありません。今はネット通販で女性でも購入しやすい商品がありますから、どんどん利用してみましょう。

炎症を起こしている

粘膜が弱いがために、摩擦の時間(出し入れする)が長いと痛くなるとか、知らず知らずのうちにウイルス感染しているなどというケースがあります。膣内が炎症を起こして性交痛が起こるのです。

濡れているのに痛い、挿入したり、彼が動いたりすると痛く感じる、あるいは急におりものの量が増える、おりものの色がいつもと違うという場合は、自分で何とかしようとせず、婦人科を受診するべきです。粘膜が弱い体質の人は、市販の薬が強すぎて症状が悪化するとか、別の痛みが発生するなどという可能性があるので、必ず専門の医師に治療法を指示してもらいましょう。

精神的な問題が痛みを引き起こしている

セックスに対する苦手意識、トラウマなどが膣けいれんを起こして痛みを生むケースもあります。誘われても乗り気になれない、どこをどう愛撫されても気持ち良くない、そもそもエッチが嫌い、彼が求めなければ別にしなくていいと思う、全裸になることが苦痛、などと感じてしまう場合、精神面を根本的にケアする必要があります。

まず大事なのは、リラックスすること。そして、セックスは欲望を吐き出すためのものではなく、女性を傷つけるものでもなく、愛する者同士がお互いの気持ちを確かめ合う素晴らしい行為だと知ることが大切です。安心してパートナーに身を預け、性行為に対する嫌悪感を少しずつ取り除いていきましょう。

そのため、彼に気を遣って「相手してあげなきゃ!」と思わないように。彼には素直に「自信がない」「うまくできない」と本音を打ち明けて、自分の心と身体の事情を理解してもらいましょう。

重要なのは、焦らないこと。セックスが素敵な愛情表現だと思えるようになれば、自然と痛みは消えていくはずです。

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

1うーん…