失恋から学ぶ「こうしておけば、別れなくて済んだのに」ポイント4つ

恋人と別れて後悔する時、本人は必ず反省ポイントを自覚しています。

また、ツンデレ女子やプライドの高い美人、しっかりした自分を持つキャリア志向の女性は特に、意地を張りすぎて別れるつもりがなくても別れることになる、という展開が少なくないようです。

「アレさえしておけば、今もうまくいっていたのに……」と悔しがる反省ポイントとは、一体なんなんでしょうか?

1.素直に謝れば良かった

「ごめんなさい」が言えなくて後悔……という話は、よく聞きます。

とりわけ、恋愛を勝ち負けで判断するタイプがやりがちな失敗ですが、負けるが勝ちという手もあるのだと知れば同じ間違いは犯さないはず。

子どもの頃は素直に言えたとしても、大人になったら「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えなくなっている人は結構多いと思います。けれどそれは、人として恥ずかしいことだと自覚しましょう。少しでも自分に非があると感じたら、意地を張らずに謝るべきです。

2.ちゃんと話し合えば良かった

何となく放置して、どうにかなるさと思っていたら、彼があっさり離れていった……というパターンです。

長年連れ添う夫婦ですら、キチンと話し合わなければ理解し合えないことが多々あるものです。恋愛関係はお互いの愛と信頼だけが頼りですから、自分の意志や不満を伝えて、相手の意見にも耳を傾ける、ということは非常に大事です。

また、その手間を惜しまなければ、男女関係は意外にスムーズに展開していくものです。「言わなくてもわかるだろう」「説明する前に察してほしい」とは、思わないように……。

3.許してあげれば良かった

恋愛において「許すこと」は一番大事かもしれません。ひどい浮気や裏切り行為をされたならまだしも、多少の失敗などは多めに見てあげましょう。大事なところだけ釘を刺しておいて、一度ピシャリと言いたいことを言ったら、後は忘れてしまうのが賢明です。

人は誰だって間違いを犯してしまうもの。自分だって完璧じゃない。と思えば、広い心で彼に接することができるはずです。

そして、許してあげることで、相手からより強い愛情が傾けられるようになります。オンナはいつでも、孫悟空を手のひらで転がすお釈迦様であるべきなのです。

4.気を抜かなきゃ良かった

オンナとしての自覚が薄れて、だらしなくなったら彼が別れたいと言ってきたというパターンです。別れなくて済むように、ではなく、自分自身のためにも身だしなみには気を遣うべきでしょう。

どんなに長く付き合っていても、恋人関係に「絶対」はありません。イヤになれば自由にお別れして構わないのです。彼は私のことをわかってくれているはず、何でも受け入れてくれるはずと思い込むのはとても危険。愛され続ける努力はつねに必要だといえます。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…