本命彼女になるための法則。恋する準備、できてますか?今必要なのは、ソフトモテ経験!

日本女性が重宝される地域で、異性とのコミュニケーションスキルを向上させる。

モテるためには、相手に心地よい環境を提供することが重要と言われています。
心地よい環境を作るには、自然体でいることが一番です。

ということで、自然体でいるための、武者修行に出てみませんか?

旅先でソフトモテ体験をしてモテ女になろう!

「人生には3回モテ期が訪れる」なんて、よく言われますよね。
そんな話を聞くたびに、あたしのモテ期、まだかよ!とつっこみたくなります。

そんな世間が言う、「モテ期3回説」に疑問を持った時は、そう、旅に出ましょう!

一番熱いエリアが、Hawaii、バンコク、フィリピン、トルコ、イタリア!
日本にあるソフトなボーイズバーでもおっけい!

そうすると、いままで一度もモテた経験がなくても、ソフトなモテ状態を思う存分経験することができます。

それは、日本人女性がいい意味でも、わるい意味でも注目されているからです。

顔立ちとか、スタイルとか、外見的要素はほとんど関係ありません。
わたし旅行客ですって、普通に振る舞っていれば、気持ちが悪いくらい、「かわいい!」「綺麗ね~」と現地の男性に話しかけられます。

ここで、このリップサービスのシャワーに、のるか、のらないかが、モテる女性か、モテない女性か、大きく分かれると言われています。

外国人怖い! お金目当て? 適当に無視しよう! と、せっかくの男性との接触を自ら閉じてしまっては、モテるチャンスを自ら潰してしまいます。

律儀に全員相手にするのではなく、
「ありがとう」「嬉しいわ」って、素直に感じ、その上で普通に接することがポイント。

多くのモテる女性を観察していると、彼女たちには共通の性質があります。
それは、異性の前でも自然体でいるという点です。
相手が男だから、外国人だから、そんなの関係なく、いつも自然体でいる。

私もそうですが、モテた経験がないと、男性を前にすると変に相手を意識してしまい、不自然な対応になってしまうんですよね。
こちらが無理しているから、当然、相手も居心地が悪い。
それを感じて、さらに変なテンションになってしまって。。。

そこで、日本人女性が無条件でちやほやされる旅先で、うまく練習してみるのです。

旅先だと、2度と会わなくていいので、恥もへったくれもないのが、最高!
練習相手は、向こうからやってきます。
日本でも、海外でも、誉められたら、素直に喜ぶ。
その感覚を持ち帰ることが、最高のお土産になると思います。

ローマの道は一日にしてならず。
美しさもそうですが、モテるスキルにも、練習が必要。

コミュケーションスキルを習得することによって、モテへの道が開かれるのではないでしょうか。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…