印象は顔から!? 「モテる」プロフィール画像を撮る3つの丸秘テク

あなたはどのくらいの頻度で、SNSのプロフィール写真を変更していますか?

長い間同じ顔写真を使っていると、久しぶりに会った相手に対し「あれ? なんだかちょっと老けた?」「太った?」などマイナスな印象を与えてしまうこともしばしば。

そこで今日は、好印象を生み出すとっておき!プロフィール写真撮影の秘訣を伝授~♪

ご自身のスマホで簡単に撮影できちゃうので、是非試してみてくださいね。

まずは、昨今話題の“スマホブス顔”に気をつけて

2015年に入り、巷で囁かれる“スマホブス顔”という恐怖の言葉をご存知でしょうか?

四六時中スマートフォンを斜め下に眺め続けることでほうれい線が濃くなったり、二重顎になってしまったりする顔筋低下現象のこと。そのため、一気に老けた印象になってしまう人が続出しているというから驚きです。

プロフィール画像撮影時には、絶対にこの角度はNG! できるだけ斜め上から撮影し、首や顎、頬のたるみをリフトアップした形で挑むよう心がけましょう。

意外に忘れがち! 背景にはしっかりとしたこだわりを

また、意外にも抜けがちなのが背景設定。ついつい自分の顔にばかり気がいってしまい、脱ぎ散らかした洋服や出しっぱなしの鞄などが一緒に写り込んでしまうことがよくあるようです。後から友達に「コレ、もう少し背景どうにかならなかったの?」と笑いながらツッ込まれ、慌てて取り直す人……結構多いみたいですよ~!

ご自宅で撮影する場合は、なるべく締めたクローゼットの前やカーテンの前など、単色な背景の前で撮影することをおすすめします。洋服にもしっかりこだわって、ぬかりのない一枚を撮りましょうね。

可能なら他人の協力を得て、レフ版効果を狙いましょう

そして最後がこちら。「うーん……自分で撮ると、どう頑張っても顔色が暗くなってしまう」「モデルさんたちみたいなキレイな自撮りに挑戦したい!」という方は、是非一度レフ版の効果を試してみて。

プロが使用しているモノを買わなくてもOKです。顔の下に白い紙やアルミ紙などを添えるだけで大丈夫! 驚くほど顔色に変化が表れるので、実践してみる価値はありますよ~。お友達の手が借りれない時は、白めの洋服を着用することで代用も可能です。

以上、いかがでしたか?

コレであなたもプロフィール美人に! ガッチリ好印象を掴んでくださいませ~♪


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…