男子が「女子を口説き落とすまでに」大変だと思っていること4選

がんばって女子を口説かなくとも、自然な流れのなかでうまくやっていく男子もいれば、女子を口説き落とすまで、無理に無理を重ねてがんばる男子もいます。

今回は、男子が「女子を口説き落とすまでに大変だと思っていること」について、何人かの男子にお話をしていただきました。

さっそくご紹介しましょう!

1:毎日「おれダサくないかな」と・・・

「毎日、鏡の前でダサくないかどうか、念入りにチェックしてから出かけています」(25歳・広告)

ナルシストの発言に聞こえるかもしれませんが、誰だって、自宅の鏡がしゃべりだしたら困る……というようなことを鏡の前でやっている、とも言えます。

2:ルックス×年収×家柄・・・

「じぶんのルックスと年収と家柄を総合的に判断して、どのていどの女子であれば、おれは口説くことができるのか、日々計算しています」(27歳・IT)

世の中が「ちっちゃくまとまりだした頃」から、「頭で恋愛をする」男女が増えました。だから男女ともにこの手の計算に忙しいのだろうと思いますが、恋ってスポーツや音楽のように、カラダ全体でするものですよね。

3:返信がないときの「あのメールで彼女の機嫌が悪くなったのかな」

「口説いている最中は、彼女からメールの返信が来ないと、『あのメールで彼女の機嫌が悪くなったのかな』と考えたり、返信の内容がそっけないと、おれのなにがまずかったのだろうと考えたり、一喜一憂の日々です」(25歳・飲食)

これは男女ともにこういう傾向があるのではないかと思います。LINEやメールをしなきゃしないでいいのに……という考え方もありますが、LINEで絡んでいないうちに、ほかのひとに彼女を持って行かれたとなれば、後悔しますしね。

4:キャッシングの返済

「みんな、口説き落とすまでのコストって、どうしているのでしょうか? デートに誘うたびにキャッシングしているぼくは、もういっぱいいっぱいです」(26歳・建築)

現在の「若者の平均月収」は、諸説ありますが、おおむね額面で30万円くらいだとも言われているそうですから、ひとり暮らしをしている男子にとって「口説くコスト」は、とってもお高いと思われます。

今回のまとめ

いかがでしたか?

口説き落とすまでに男子が大変だと感じていることを知っていれば、「そこを」フォローしてあげると、男子は感謝カンゲキして、ソッコーでカップル成立ということになるかもしれません。(ならないかな。)

 

Photo by MH photography | 092 46 00798

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

3うーん…