1:初対面でハードルを上げすぎない

「下ネタにノリノリだし、人をバカにするような発言もするし…。ぶっちゃけ絶対付き合わないと思ったね」(35歳・メーカー)

初対面の相手からは、ちょっとでも印象を良くしたいと思う女性が多いはず。でも、実はハードルを上げすぎると逆効果! たとえ小さな欠点でも、「あの子でもこんなことするんだ…」と大きな失態に見えてしまうのです。第一印象を良くしすぎると、あとで自分の首を絞めることになるので注意してくださいね。

2:「思っていたより○○」とギャップ萌えさせる

「ズボラな女性だと思っていたら、電車で席を譲ったり、手作りのお菓子を差し入れてくれたり、意外とオンナらしくてビックリした」(28歳・金融)

第一印象がイマイチだと、ちょっとイイことをするだけで目立つもの。二人っきりのときに“女性らしく家庭的”な一面を見せれば、「この子意外と気が利くな」「実はイイ子なのかも」と男性をドキっとさせることができますよ。初対面で失敗しても、落ち込む必要はありません。思っていたよりも「かわいらしい」「礼儀正しい」など、ギャップ萌を狙ってみてはいかがですか?

3:最低限のマナーだけは守ること!

「くちゃくちゃ音を立てながら食事をしたり、鼻くそをほじっているような女性は、もうオンナとして見られないかも…」(29歳・公務員)

初対面で頑張りすぎる必要はありませんが、最低限のマナーは身に付けておきたいもの。音を立てて食べたり、話に夢中になってツバを飛ばしたり、口にモノが入っている状態で話をしたり…。男性は食事のマナーに意外と厳しい傾向があるので気を付けてくださいね。

今回のまとめ

いかがでしたか? 男性の目を意識しすぎず自然体でいることが、本命のカレに「意外とイイ女じゃん」と思わせるたった1つのポイントかもしれませんね。

 

(取材協力)
20~30代の独身男性


この記事どうだった?

3いいね!

3うーん…