自分らしい恋の仕方って?イマドキ男女の恋愛観ってどんなもの?

最近、若者の恋愛離れが話題になっていますよね。

いまやパソコンを開けば、すべての娯楽を得られる時代。「恋人がいなくても毎日それなりに楽しいし……」と考えて、恋をすることを先延ばしにしている男女が少なくないのかも……?

実際のところ、イマドキの男女は恋愛に対して、どんな考えを持っているのでしょうか。

恋の仕方がわからない男女が増えている?

長引く不況でなかなか給料が上がらない昨今。巷でも草食系男子とうたって「恋愛に消極的な男性が増えている」と、いわれることが多いものです。でも、それは女子だって決して例外ではありません。

というのも、大人の女性の恋愛を応援する『恋学』が男女568人に「恋愛の仕方が分からなくなったことはある?」とアンケートを行ったところ、「ある」と答えた20代男女は185人で32%。

30代男女にいたっても、149人の26%という結果が寄せられたそうです。

ただでさえ恋愛は長らくしていないと、異性にどうやってアプローチをしたらいいのか。デートはどこに行ったらいいのか……。そんな基本的な恋愛の仕方も無頓着になってしまいます。

もしかしたらイマドキの男女は、こうした自分たちの置かれた状況を理解したうえで、自分たちなりに恋愛の仕方を模索しているのかもしれません。

ご時世を意識している女性が少なくない!?

そんなイマドキ男女の恋愛観が少なからず反映されているのが、同『恋学』が女性460人に行った「究極の選択!交際相手に選ぶなら?」という設問です。

「貯金はないけれどデート代は負担してくれる人」と「デートは常割り勘でも貯金はたくさんある節約家」ならどっちがいい? と聞いたところ、「デートは常割り勘でも貯金はたくさんある節約家」が圧倒的多数で66%。

結婚を意識すれば、なおさら男性の経済力は女子として気になるポイントですよね。ましてやこのご時世、「もしもの時のためにお金はあった方がいい」と考える女性は少なくないはず。

少しずつ変化が生まれている若者の恋愛観

実際、同じく女性553人に「パートナーに対して一番許せないのは?」と聞いたところ、最も多かった答えは「女癖が悪い」で44%。続いて「ギャンブルが好き」で26%だったそうです。

ある調査でも男女は恋愛にドキドキ感を求めるよりも、一緒にいて落ち着ける相手を求める傾向にあることがわかっています。

下手に理想的な恋を追い求めるよりも、堅実で一途な相手と恋をしたいと思うのは……先行き不透明な時代だからこそ、よきパートナーになってくれる相手を選びたいという、イマドキ男女の本音という可能性も考えられそうです。

自分らしく恋をしていくためには?

年齢を重ねるほど、恋愛観がより現実的なものになっていきます。そうではなくでも「個性」や「自分らしさ」を重視する傾向にある昨今、一体自分がどんな恋愛をしたいのか。

周りに流されることなく、いま一度自分のしたい恋愛イメージを膨らますことで、恋愛意欲もおのずと高まっていくのではないでしょうか。

 

【参照】
恋学アンケート
http://koigaku.machicon.jp/enquetes/
●恋愛の仕方がわからなくなったことはありますか?
●【女性限定】次のうち、パートナーに対して一番許せないのはどれですか?
●【女性限定】究極の選択!交際相手に選ぶなら?
2015年3月20日現在

 

無題


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…