すぐに濡れて恥ずかしい! 敏感女子は、濡れるメカニズムを知って自信を持とう!

セックスや体のこととなると、仲の良い友達にも相談しにくいですよね。「私の体、普通じゃないのかな?」と思うこともあるかもしれません。その中でも、愛液に関する悩みを抱える女性は多くいます。

すぐに濡れて恥ずかしい! 敏感女子は、濡れるメカニズムを知って自信を持とう!
画像:(c)lemonspeed – Fotolia.com

濡れにくい体質で悩む人だけでなく、濡れすぎてしまって恥ずかしいと頭を抱えている女性もいます。今回は、すぐに濡れる体質の女性にスポットを当ててみました!

■濡れやすいってどのくらい?
愛液の量は個人差があり、興奮してもほとんど濡れないという人もいれば、男性と一緒にいるだけで下着にシミができるくらいに溢れ出るという人もいます。

濡れやすい人にとっては、シミができたりちょっと触られただけで「濡れてるね」と言われたりすることが本当に恥ずかしいと思っています。

経験豊富なある男性によると、「10人中3人は濡れやすい人だった」というくらい、意外と同じ悩みを抱えている女性は多いということがわかります。

■濡れるメカニズムとは?
興奮したり性的刺激を受けたりすることで、脳にそれが伝達され、「オキシトシン」というホルモンが分泌され、それによって愛液が出るという仕組みになっています。汗と同じ成分ということもあり、水分量を人よりも多く摂取している人、代謝の良い人なども濡れやすい体質のようです。

■男性の生の声を知れば気持ちが軽くなる!
「何もしていないのに、男性と一緒にいるだけですぐに濡れてしまうのは恥ずかしい」という女性の想いとは裏腹に、男性陣はそういう体質に対して寛容な心を抱いているようです。

「エロくて最高!」「そんなに感じてくれているんだと思うと興奮する」「その後に期待しちゃう」というように、頭の中でアダルトな妄想を膨らませている男性がほとんど。恥かしいしぐさを見せるところも、男性にとっては逆に魅力的でエロティックな要素になるのでしょう。

■自分の身体に自信を持つことが大切
キスやハグだけでもすぐに濡れてしまうような体質の女性がいるというだけでも、少しは気持ちが楽になったのでは? 男性陣も濡れやすい女性の体に関心があるので、もっと自分の身体に自信を持つと良いでしょう。「こんなに興奮してくれるんだ」と思わせることで、彼も同じように興奮してくれますよ。

体質を改善するのではなく、今の身体を理解し、しっかりと向き合うことが大切です。自信を持って、セックスをたのしみましょう!
(RUREI)

夜オンナの他の記事を読む

この記事どうだった?

62いいね!

16うーん…