出逢いがないなら、作ればいい!? 新しい恋を自分で生み出す方法

職場が女性ばかり、身近な行動範囲に同世代の男性がいないという環境に身を置くと、つい「出逢いがないから恋ができない」と考えてしまいます。でも、そんな風に悲観するだけでは恋なんてできません。出逢いに恵まれていないなら、いっそ自分で出逢いを作り出してみませんか? 「そんなことできるの?」と思うかもしれませんが、決して無理な話ではないのです。

出逢いがないわけじゃない!

世の中には女と男しかいません。まったく出逢いがないわけがないんです。あるのに気づいていないか、あるいは行動不足で出逢いがあるところに足が運べていないか。いずれにしても『見落としている出逢い』が必ずあるはずです。

まずは、行動範囲を広げてみます。家に一人でこもっていても男性とは知り合えませんし、人ごみの中をただ歩いても行き交う人々と接点は持てません。いろんな人と交流が持てる場へ赴いてみることが大事です。

また、どんな形の出逢いも恋に発展する可能性はあると考えましょう。SNSやtwitter、オンラインゲームで知り合う男性とリアルで繋がることも不可能じゃありません。あなたが望みさえすれば、顔を合わせていない相手との恋も生まれるのです。

出逢いを作ってくれる人に近づく

『同性の友人を作ろう』ということです。男性に話しかけるのは苦手でも、同じ女性なら気楽に声を掛けて、おしゃべりができるはず。同性の友人の輪を広げることで、素敵な男性を紹介してもらえたり、友人の男友達も同席するような飲み会、イベントごとに誘われたり、機会が増えます。

また、信頼できる女友達には、「彼氏がほしい。誰か紹介してほしい」と言うのも一つの手。どんな男性が来るかわからない、気に入らなかった時にどうやって断ればいいだろう? という怖さもあると思いますが、自分も友人や同僚を紹介してあげられればお互い様。女友達とは『持ちつ持たれつ』で出逢いをセッティングし合うのがベストでしょう。

恋活・婚活サイトに登録する

いまどき、街コンや結婚紹介所を利用することは『普通』です。恋活・婚活サイトに登録しているとモテないみたいでイヤ、と見栄を張る必要はありません。最近では多くの男女が、恋を始める手がかりの一つとして選択肢に入れています。

もし、結婚相談所で高額の登録料を支払うのは勘弁! という人は、女性のみ登録無料のサービスもありますので検討してみましょう。コンシェルジュがついてくれる紹介所であれば、希望に応じた男性を選んでくれるので、「どんな人が来るかわからない」という怖さもないはずです。

また、たいていの街コンは、女性の参加費が男性より安く設定されています。参加者の年齢を限定したり、特定の趣味を持つ人だけを集めたりと、最近はバラエティに富んだ企画の街コンも多いので、気楽に参加してみてはいかがでしょうか?


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…