モテる女性が必ず備えている4つの目

モテている人の視点というのをご存知であろうか? モテる人というのは、色んな視点から物事を見ることが出来るので、チャンスに敏感です。

さらには、その視点地が高いというのもあります。それはいわば、心の視点とでも言いましょうか。では、その心の視点には、どのような目があるのか? 実はモテる女性には、4つの視点が存在します。

「鳥の目」「虫の目」「魚の目」「コウモリの目」の4つです。この視点を理解する事により、今おかれている自分の状況やこれからの恋の行く先などを察知することが出来るようになります。

1.第一の目:鳥の目

鳥の目を持つとは、俯瞰的に見る視点です。今置かれている現状を、第三者の視点で見てみることです。恋は盲目と言われますが、一歩引いたところから全体を見てみるような感覚で、今の状況や男性に対する見方を変えてみると、また違った新しい視点というのが産まれ、冷静に判断出来るようになるはずです。

迷路も上から見れば出口がどこにあるのか? が分かるのと一緒です。迷路の中では、自分がどこにいるのか? さえ分からなくなり、途方に暮れてしまうということになります。

モテる女性は、恋愛そのものを俯瞰してみることが出来るので、冷静で正確な判断ができ、チャンスを掴むのが上手い!

2.第二の目:虫の目

虫の目を持つとは、目の前のものを細かく見る目です。俯瞰して見ていては分からないような、近くにおいて細かい所までをしっかりと見る視点になります。

これはいわば、デート中など一緒にいる時、隣、向かい、など近くにいる時などに効果的な目となります。男性のちょっとした瞬間のアクションや言動などをどれだけ近くで察知できるか? になります。虫の目で男性の特性を良くリサーチし、気配りや表情などの感情を捉えておくと、2回目以降に会う時などにも、うまく傾向を抑えておくことになるでしょう。

モテる女性は、今、目の前にいる男性をしっかりとフォーカスし、男性が求めているニーズを満たす発見能力が高い!

3.第三の目:魚の目

魚の目を持つとは、時流を読む目です。今の現状の状況を把握し、今後どのような展開になりそうなのかを予測する先読みの視点。また、上手くいかないことも想定にいれることができる視点です。

これは、男性は私に対して、今の状況からどのように考えてくるのか? これを言ったらどうくるのか? などを現状の反応などから次のパターンを予測する思考です。このパターンをいくつか持つことにより、このパターンでなければ、このパターンでいこうとか状況を切り返すことができるようになり、恋愛の出会い~お付合いまでのプロセスを、進行具合でテンパらず考えていけるようになります。

モテる女性は、恋愛の流れを読む察知力に優れ、男性の痒い所に手が届く気の利く女として、常に関心を持たれるようにする魅了の達人。

4.第四の目:コウモリの目

コウモリの目を持つとは、まずコウモリは逆さにつり下がっていることから、物事を反対視点から見たり、普通の見方に捉われず想像を膨らませ、固定観念を崩して見る目の視点を意味します。パラダイム転換理論(思考の逆転)

この視点を持つと、いつものやり方で上手くいっていない場合、180度真逆の手法で試してみるとか、逆の見方で男性の嘘を見抜いてみたりと使うことが出来ます。ある意味これは、駆け引き上手になる為、恋の支配率をこちらに引き込むことがしやすくなるでしょう。「そうくるか!」男性に思わせることが出来れば、また相手にも刺激を与えられることになるでしょう。

モテる女性は、物の見方が広く、人と違う視点からの行動を起こせる。その為、印象に残り易いフックを男性にかけることができる、恋を成功へ導く視点のプロフェッショナル。

最後に……

ビジネスでも活用されているこれらの目は、恋愛の視点を高く持ち、病まないで楽しみながら恋愛をするための要素といえます。「失敗したら嫌だな」「嫌われたくないな」「自信がない」という感覚を緩和したいのであれば、まずは上記4つの視点をしっかり持ち、男性を観察してみて下さい。

新しい視点により、見えるものが変わってくる自分に気付くかもしれません。


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…