「君といると楽しい」と思わせる!おうちデートで鑑賞したい映画を厳選!★映画から学ぶ!オトコゴコロ★

さてさて、今回、恋学読者の皆様に紹介するのは男性と楽しめる恋愛映画!!
気候がすでに秋ですよね~。
秋こそ、自宅でDVDデートしたくなるような季節だと思っております。

ちなみに皆様は、気になる彼や交際して間もない彼と観る恋愛映画って、どんな作品を選ばれますか?

恋愛映画ってひとくくりに出来ないほど枝分かれしていて、選んだ映画で二人がどんな時間を
過ごすことになるのかが変わってきます!
同じ映画をみて同じ空間を共有するのですから、できるだけ、読了感ならぬ鑑賞後の観了感の
良さそうな作品を選ぶのがポイント!!
特に付き合う前の彼とのデートでは「私といると楽しい時間を過ごせた」と思わせることって
カナリ大切なポイントなんですよ!
一緒に観た作品が良いと、彼にプラスな印象を残すことができるんですよね。

今回は、二人で「楽しい時間」を共有できる映画に重点を置き、三本のデート向け映画を
ご紹介いたします!!

★避けるべきタイプの映画について

まずは重要なポイントをいくつか。

上映時間は130分くらいまでの映画にしましょう。ベストは100分くらいの映画。
それ以上長い時間の場合、普段映画を観ない男性は苦痛を感じることもあるからです。
たいてい、途中で飽きてきます。
映画館と違い、家だと携帯を触れる環境ということもあり、長い映画だと完全にそちらばかり気にってしまいます。
あとはなるべく眠くならないよう、テンポが良い映画のほうが男性と見る場合、良いですね!

次は避けるジャンル!

(1)ラブラブだった二人が離れる選択をするような暗いストーリー

(2)愛する人が不治の病にかかってしまい、のような死別系

(3)パッケージの時点で既にベッドシーンが多そうな気まずいもの
(洋画だと音量も激しいので気をつけましょう)

(4)結婚を焦る女性が男性を追いつめたりするような内容が含まれている
 ※男性が、「僕の隣にいる彼女も、もしそうだったら?」とあらぬ妄想をする可能性もあります。

この辺りの映画は避けるのが吉!!

0002

★条件をふまえたオススメDVD3選

【Mr.ズーキーパーの婚活動物園】

タイトル通り、ズーキーパーとは動物園の人です!
こちらの作品、最初から最後まで二人で観ていて気まずくなるようなシーンが一切無く、
ハッピーエンドで終わる楽しい映画です。
主人公の「冴えない男」代表の動物飼育員の主人公は、動物たちから恋愛レッスンを受けます。
これがなかなか面白い!

例えばクマからは、威嚇のある男性らしい歩き方のアドバイス。
「サケをすくうイメージで腕をふれ!」やら、「息を荒くしろ!」。

動物たちがいきなり会話し始めた時は、「え?動物たちがデフォルトで喋る映画なの??」と
驚きましたが、内容が入り込み易いためにすぐ慣れました。
楽しくコミカルに仕上がっているラブコメディーです。

【パイレーツロック】
24時間ロックを流しっぱなしにする海賊ラジオ局と、「ロックは国の風紀を乱す!」と規制しようとする「政府と海賊の戦い」を描いたストーリー。
これ、すごく良いです!!
まだ観てない人、早くパイレーツロックに乗船しちゃって欲しいです。

ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・キングスなどなど、映画中も1960年代ロックの名曲が流れまくって楽しい!
誰しもが聞いたことのある曲が必ずあるはずです!

アルコール片手に、性別関係なく気持ちよく酔える映画となっています。

海賊たちもおデブなのに女性の扱いが巧みな男がいたり、騙されやすい男がいたりと、
様々なジャンルの個性的なキャラクターが多く、大いに笑わせてくれます!

監督は、ラブアクチュアリーのリチャード・カーティスです。
彼の作品であれば間違いないですよね!

【ミート・ザ・ペアレンツ】
二人で見て笑いを共有できること間違いなしの大ヒットコメディ。
ちなみにホラー映画よりもドキドキしますよ。笑

結婚する予定の彼女のご両親に挨拶にいく彼を主人公にしたストーリーです。
愛する彼女のパパはなんと、元CIAの凄腕の職員。
はい、まぁ、怖い人なのです。
非常事態です、彼。
嘘発見器で嘘つき男でないかどうか、確かめられたりします。笑

父親役にロバート・デ・ニーロ。
そんなこわ~いパパに気に入られるため、ベン・スティラーは場を盛り上げようとしたり奮闘するのですが、
すべての行動が空回りして、裏目に出ます。
いや~ヒヤヒヤ!

先ほども話しましたがホラーよりもホラー感が満載です。笑
二人で笑いと緊張の空間を味わえますよ!
鑑賞後に感想で盛り上がることも間違いなし!

以上が東 紗友美のオススメ映画でした!
皆様のお役に立てれば嬉しいです!

 

(写真提供/東紗友美)

東紗友美の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…