「何故できない!?」 セックス中に拒否されると男子がテンション下がる3つのこと

セックスの最中に、男子も女子もテンションが下がる時って、たまにありませんか!?

できることなら、そんなテンションの下がる行為は、避けたいですよね。

特に、何かを要求した時に「出来ない!!!」と一刀両断されると、男子はテンションがガクンと下がります。

今回は、何を「出来ない」と言われてテンションが下がったか、数名の男子に聞いてみましたのでご紹介します。

騎乗位が出来ない

20代後半/営業
「騎乗位が出来ないとか言われると、やる気をなくしてしまう」

31歳/派遣社員
「「下手くそだから……」と、やろうともしないのはテンションが下がる。30過ぎて「恥ずかしい」とか「出来ない」とか言われると、逆に引く」

確かに、30過ぎて初心を装われると引きますね。「いい歳なんだから」と、ついつい言ってしまいたくなります。

女豹のポーズが出来ない

25歳/フリーター
「バックの時に、女豹のポーズじゃないと、何もそそらない」

27歳/会社員
「腰を落としてって言っても「出来ない」とか言われると、意味が分からない」

『おしりを上げて、腰を落とす』これだけなのですが……。
何故出来ないのでしょう? 私にもわかりません。

体が硬すぎて、出来ない

33歳/接客業
「騎乗位の時とか、正常位の時もだけど、体が硬かったり極度の内股すぎて、求めている位置に足が開かなかったりすると、ちょっとテンション下がります」

体が硬いのは、仕方がないですよね。仕方がないから、どこにもやりようのない悲しみから男子は、セックス中にテンションが下がってしまうのです。

「出来ない」と言う前に、とりあえずやってみる

「出来ない!!」 「無理!!」 「イヤ!!」 こんな消極的な事を言われたら、誰であれ、セックス中でなくても、テンション下がっちゃいますよね。

「出来ない」と言う前に、とりあえずやってみる!! 例え出来なくても、男子はその努力を認めてくれると思いますよ。

瀬戸 樹の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…