アタック大作戦!あの人からOKをもらった私のアピール法

好きな人へどうやって自分をアピールしたらいいか、迷っている人もいると思います。そこで今回は、意中の彼と仲良くなることができた女性3人をお呼びし、どのようにアタックしたらいいのか、教えてもらいました!

社内恋愛の場合

「職場で好きになった彼とは、とにかくご飯を一緒に食べに行くようにして近づきました。残業していたら、一緒に残ってみたり、お昼は外食派の彼に合わせて、私もお弁当は持っていかずに彼と食べに行くチャンスを待っていました。一緒にご飯を食べるうちに仲良くなって、今では週末も遊ぶような仲ですよ。」(25歳・サービス)

 

社内ではプライベートな話はできないけど、ご飯を食べているときなら打ち解けた話ができますよね。社内で気になる彼とは、ご飯を食べに行くチャンスを狙って接近してみると自然と仲良くなれそう!

趣味・習い事の場合

「ダイエットのために近所のジムに通い始めて、そこで働いているインストラクターの男性に恋をしました。とにかく顔を覚えてもらおうと、仕事の後も毎日のように通いました。そこでたわいもない話をするようになって、仲良くなるのに成功!Facebookで名前検索したら見つかったので勇気を出して友達申請してみました!」(20歳・大学生)

 

気になる人の名前がわかれば、まず顔を合わせる回数を増やし、仲良くなっておきましょう。そして、名前がわかればFacebookを使っていないか検索をしてみましょう。もし彼を見つけることができれば、連絡先を知らなくても、メッセージを送ることができますね。

幼馴染・同級生の場合

「中学時代想いを寄せていた人と、街中でバッタリ再会。時間があったので、カフェでコーヒーを飲みながら、懐かしい話に花を咲かせていました。今彼女はいないらしく、フリーだというので、2人で遊ぶ約束をしましたよ!」(29歳・営業)

 

前から仲のいい幼馴染や同級生なら、突っ込んだ質問だってできるはず。恥ずかしいからと相手に彼女がいるのか聞けないのはもったいないですよ。勇気を出して、聞いてみればあっさり答えてくれるでしょう。彼女がいないとわかれば「じゃあ今度遊びに行かない!」と勇気を出して誘ってみましょう。

アタックには勇気が必要!

好きな人にアタックするのは緊張するもの。だからこそちょっとの勇気が大きな違いを生みます。なるべく彼と会う回数を増やせるように努力して、少しずつ接近してみましょう。もしかしたら、彼もあなたのことが気になっているかもしれませんよ!


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…