プレ結婚生活を体験、彼に合い鍵を渡される女になるためには

彼との付き合いが長くなると、「そろそろ彼の部屋の合い鍵がほしいな…」という気持ちも芽生えてくるもの。合い鍵があれば、彼の帰宅を外で待つ必要がなくなりますし、「愛されているな」ということを実感できます。


さて、どうしたら「合い鍵を渡したい」と彼に思わせる女性になれるのでしょうか? じつは合い鍵を渡される女性には共通点があります。

■信頼できる女性
まず、合い鍵を渡してもらえる女性の絶対条件は、彼から絶大な信頼を寄せられているということ。交際してすぐに合い鍵を渡さないのは、彼女のことがわからず、心配だから。男性は自分がその場にいなくても、家に入っても大丈夫だと判断した女性にだけ、合い鍵を渡すものです。
合い鍵は、「全て託したよ」という彼からの無言のメッセージ。まずは彼との信頼関係を築き、安心感を与えて「こいつなら大丈夫だ」と思わせることからが大事ですよ。

■家庭的な一面がある女性
家庭的な一面がある女性も合い鍵をもらいやすいです。仕事でヘトヘトになって帰ってきたところに、美味しいご飯を作って待っていてくれたら、うれしいもの。
また、掃除が苦手な彼なら、彼女が「パパッとキレイにしてくれたらなー」とひそかに思っていることも。料理好き、キレイ好き、世話好きな女性は、男性から魅力的だと思われやすいでしょう。まだ交際期間は短いけど、合い鍵が欲しい、と思うようなら家庭的なところを彼に見せるのもひとつの手ですよ。

■いつまで経っても合い鍵を渡してくれない彼の心理とは?
「長年付き合っているのに、いつまで経っても合い鍵をくれない」と悩んでいる女性もいるでしょう。もしかしたら、彼はプライベートな時間を大事にするタイプなのかもしれません。合い鍵を渡すことで自分の時間がなくなるのは、嫌なのでしょう。間違っても、そんな彼には「なんで合い鍵くれないのよ!」と怒らないでくださいね。

■合い鍵を渡す彼の心理とは?
合い鍵を渡す彼には、彼女に真剣さを伝えたい、結婚生活をイメージしたい、もしくは、家事をやってもらいたい、といった本音が隠れているようです。

半同棲生活を送ることで、結婚後どのような関係になるか、どんな生活を送ることになるかをイメージしておきたいのでしょう。

彼との結婚を考えているのなら、合い鍵を渡してもらい、プレ結婚生活を送ってみるといいかもしれませんね。

(RUREI)

この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…