いつまでも子どもかよ!春先に男子が「オフィスで見たい」女子のかっこう4選

仕事がつまらないと感じている男性にとっては、オフィスで女性をひそかに鑑賞することが唯一の癒しの時だったりもします。

今回は何人かの男性に「春先にオフィスで見たい女性のかっこう」についてお話をお聞きしてみました。

さっそくご紹介しましょう!

1:腕をまくって

「やっと春ですね! オフィスの女子がまくっている腕にどうしても視線がいきます。冬の間、見ることができなかったのです」(27歳・建築)

たしかに冬の間って、女性のカラダの一部が露出されているということが、ほとんどないですもんね。彼女なしの男性にしてみたら「やっと生で見られるよお~」と、ひと息つきたくなるのが春ってことなのでしょうか。

2:白いシャツの背中から・・・

「ブラの紐が白いシャツの背中から透けて見える! これは春の恩恵です」(28歳・コンサル)

冬場って、そう言えば、ニット系のなにかを着ているから、透けブラって見えないんでしょうね。

3:絶対領域は死語だけど・・・

「絶対領域という言葉など死語になってしまいましたが、ニーハイみたいなものとハーパンの組み合わせって、やっぱりいいです」(27歳・アパレル)

膝のあたりが生脚ってだけで、「いいな」と思う男性もいるみたいです。男性は女性に比べて妄想がたくましいようなので、膝のあたりの生脚から「全体」が想像可能なのでしょう。

4:半袖の脇から・・・

「半袖の脇からブラがチラ見えしたり、脇の下の方がチラ見えしたり……春っていいですねえ」(26歳・運送)

そう言えば、リクルートスーツのようなスーツを着ている女性で、ジャケットを脱いだらタンクトップ1枚、というひとがいますが、ああいうのは、男子垂涎の……みたいなかっこうってことでしょうか?

今回のまとめ

いかがでしたか?

マジメな職場にエロを持ち込んでいいのか? と感じる向きもあるかと思いますが、マジメであればあるほど、そこをエロの視点で斬ってみせる、というのも、男子の才能(?)です。

まあ、見られたくなければ、それなりの対策を講じておく必要があるのではないかと思います。男子の視点は、ある意味ではいつまでも子どもなのです。

 

Photo by 怕水的青蛙


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…