告白するのは三流? 気になる男子とサクサクっと付き合う方法4選

恋愛を語っている本には、よく「告白をするのは三流だ」と書かれています。ではなにが一流かといえば「相手に告白させるように仕向けること」なんだそうです。

今回は「仕向ける」のが、毎日の仕事のようになっているOL兼キャバ嬢のみなさんに「どうやってさりげなく仕向けるのか」についてお尋ねしてみました。

さっそくご紹介しましょう!

1:胸元に糸くずを・・・

「胸元に糸くずをつけておくといいです。糸くずに気づいた男性がそれを指摘すると『じゃあ糸くずをとってよ』と言えばいいのです。恥ずかしそうに糸くずをとる男性。その手をそっと握る私……思わず男性の口から『好きだよ』なんてことも!」(24歳/昼間はネイリスト)

まあこんなふうにうまくいくときばかりでもないと思いますが、ドラマとしてはよくできているのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

こういう小細工はできない! とお思いの女子は以下のテクはいかがでしょうか。

2:いつも一緒にいる

「棚からぼた餅を狙えばいいんです! つまりいつも気になる男性と一緒にいること! いつも一緒にいれば、相手だって緊張に耐えられず、つい『好きだよ』と告白してきたりします」(27歳/昼間は建築会社秘書)

これは確率論的な見地から正しいですよね。棚ぼたとは、偶然のラッキーにありつくことを意味するばかりでなく、いつも棚の下にいることの重要性を説いている言葉なのです。

3:共通の友だちに「**ちゃんのことどう思う?」と・・・

「定番かもしれませんが、共通の友だちを通して、あなたのことを気にさせればいいんです」(27歳/昼間はケーブルテレビのMC)

定番ですが、あなたも彼も、お互いに傷つかずにすむ方法かもしれません。

4:ご飯を味方につける

「気になる男子に告白させようと思えば、ご飯を味方につけるべきです! なにかあると一緒にごはんしよっ! って言えば、そのうち彼のほうから告白しなきゃ! って思うようになります」(25歳/昼間はヘアメークさん)

たしかに告白させるのがうまい女子って、よく「ごはん行こっ!」って誘ってきているように感じますね。

今回のまとめ

いかがでしたか?

若いとどうしても「ゼロか100か」みたいに「清水ジャンプ」的な思考回路になりがちですが、ちょっとワンクッション置いて、じぶんが傷つかないですむアプローチ方法で恋に臨んでみると、わりと恋することが楽しくなるかもしれませんよ。

 

Photo by ♤lightbugs♤


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…