ただの女友達から結婚相手候補になる瞬間

20代のうちは好きになる人にある程度のこだわりがあった。
でも、30歳を越えるとそういうこだわりがなくなってくるんだって独身女性の先輩が言っていました。

それって、例えば今までは何も意識していなかった異性の友達がいきなり結婚相手候補になることってあるの?
その先輩の答えはイエス

ということは男性もそういうのってあるの?
それに対しての答えもイエス

というわけで、ただの女友達から結婚相手候補になる瞬間をいくつかご紹介致します!!

 

家事が得意という一面を知った時

結婚の条件に当てはまる条件として、家事が得意と言う事は欠かせません!

どんなに美人でタイプあっても、家事が不得意でご飯も作れない女性は間違ってもアラサー男性達の結婚相手の対象にはなりません。未だ結婚していないアラサー男性達は現実主義なのです。

というわけで、「家事が得意」という一面を知ると、その瞬間、どんな相手でもまずは結婚生活を想像するのだとか。

ここで重要なのは、家事が好きという一面ではなく、得意かどうかという点です。

頼れる一面を知った時

日々、仕事のプレッシャーと戦う男性達。

外ではどんなに男らしく振る舞っていても、内心は自信がない人が多いわけです。特に結婚していないアラサー男性達は、その自信のなさから結婚をしていない人がほとんど。

だからこそ、パートナーには精神的に頼りたいという本音も。

ただの女友達の頼れる一面を見た時「この人となら一生一緒にいられるのかも」という感情が産まれる男性は少なくないそうです。

経済感覚が似ているという一面を知った時

好きな女性を落とすまでに男性は色々な努力をします。

ちょっと良い感じのレストランに食事しにいったり、わりと無理したプレゼントを贈ったり。

でもそれはあくまで恋人になるまでにしたいというのが男性の本音。ましてや結婚相手ともなると、一生そんな無理は出来ないわけです。というところから、経済感覚が似ている女性は結婚相手の候補になります。

二人で食事に行った時も、たまに「ここは私が払うね」などスマートに切り出してくれる女性に将来を感じるのだとか。

何かあった時に動じない一面を知った時

男性はいつもどっしり構えて女性を守るもの。

と定義づけられておりますが、何かあった時に取り乱しすぎる女性は不安感を煽ります。結婚して、ましてや子供を作ったならば尚更。家の事はある程度は妻に託したいもの。

ですから、何があっても動じない精神を垣間見た時に、「この人だったら家庭をまかせられるのかも」と結婚相手の候補になる可能性は高いわけです。

仕事の相談が出来る一面を知った時

家に帰っても仕事の事を相談出来るパートナーを求めるアラサー男性は多い様です。フリーで仕事をしていたり、自分で会社を立ち上げている人であれば特に。

「妻は3歩下がってついてこい」という時代は終わったのでしょうか?

それくらい、結婚相手に対して対等なパートナーシップを求める男性は多い様ですよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

あなたの周りの男友達が、あなたを結婚相手の候補に思う瞬間は、意外と多いのかも!?

 

photo by Angus柒


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…