彼氏を作りたい時、コレだけは絶対にしちゃダメ! あとで後悔する「落とし穴」とは?

彼氏がほしいと思ってすぐに素敵な男性が現れれば良いですが、そううまくはいかないものです。自分に合う相手が見つからないとか、好きな人ができても片想い状態からなかなか抜け出せないなど、悩みは尽きないはず。

ただ、どんなに思い通りにならない状況が続くにせよ、彼氏を作るうえで絶対にしてはいけないことがあります。『コレをしちゃったら、彼氏なんてできない』という状況があるのです。

自分に都合の良い『逃げ道』を作らない!

彼氏を作る時に、たった一つだけしてはいけないのは――諦めること。

しかも、片想いや相手探しがうまくいかないからといって、趣味や仕事に逃げ道を作るのは、のちに絶対後悔するのでやめましょう。「恋をしなくても、私は充実できる」とか、「仕事が忙しくて、街コンなんかに行ってる暇はない」など、自分を正当化する理由がいくらでもつけられるので、恋愛がうまくいかない本質から目を背けやすいのです。

そのため、たとえ自分が出逢いの求め方やアプローチ方法を間違えていても、そこを誰かが指摘することはなく、スルーされてしまいます。仕事や趣味に専念しているとわかれば、友達だって合コンなどには誘いにくく感じますし、「あのコは今、恋愛に興味がないみたい」と、あえて恋バナを持ちかけることもないでしょう。

ですから、もし何かを根本的に見誤っていれば修正のチャンスを失うのです。また、恋がうまくいかない代わりに満足できる対象ができるので、彼氏ができないことに対する焦りも消えてしまいます。この焦りは、良い意味で恋に積極的になれるものですから、なくなると本当に彼氏ができなくなるでしょう。

女ざかりは夏の夜の蛍のごとし。恋をし続けることが大事!

どうしてもモテない、好きな男性に気に入ってもらえない……という状況が続けば、誰だってスネたくなります。でも、恋愛以外に自己満足を求めれば、フリーの期間を長引かせるだけ。特にアラサーを迎えてそんな考え方をすると、年齢ばかり重ねて、本当に彼氏ができにくい状況を自ら作り出してしまいます。

やっぱり、32、33歳くらいの女性に対しては、男性も「付き合ってすぐに結婚話をされるんじゃないか?」と無意識のうちに構えますし、オンナは年齢が若いほどモテるというのも事実女性として一番輝く時期に、失敗をしてもたくさん恋の経験を積むべきだと思います。とにかく、諦めずに恋をし続けることが大事でしょう。

片想いがうまくいかなかったら、「もう恋はいいや」ではなく「別の人に向かえばいい」と考えてみてください。そして、恋心が揺さぶられるような男性がなかなか見つからなかったら、「今は自分磨きを頑張る時期なのかも?」と、前向きに捉えるようにしましょう。


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…