なんでウソつくの? 本命彼女との「別れ」を意識した瞬間ワースト3

あなたは恋人に“ウソ”をついたことがありますか?

「メールの返信が面倒なときは、よく寝落ちしたフリをする」
「飲み会に行きたくて、異性がいることを隠したことがある」
「元カレからもらったプレゼントを実はずっと愛用している」

誰にでも小さな隠し事の1つや2つあるもの。でも、うっかりつくと命取りになるウソもあるようですよ。

1:異性との交流関係

「飲み会って言ったのに、実は合コン…。あとで『人数合わせだったの!』って言われても、説得力ないよね」(29歳・公務員)

恋人同士のウソといえば、やっぱり男女関係ですよね。たまには羽を伸ばしたくて、こっそり異性のいる飲み会や合コンに参加しちゃった…なんて女性も少なくないのでは?

「男は鈍感だから大丈夫」なんて思ったら大間違い! うっかり参加者が口を滑らせて、カレの耳に入ってしまうかもしれませんよ。コソコソ遊んでいるのがバレたら、信用ガタ落ちです。大切な恋人を失いたくなければ、ウソはやめましょう。

2:ローンや借金の有無

「結婚を前提とした付き合いをするなら、絶対知っておきたい。籍を入れたあとに、実は借金があって…なんて頼られたら、たらたまらないからね」(28歳・金融)

男女関係に続いて多かったのは、お金の問題。運転免許のローンやブランドバッグの支払いに追われている人は要注意! 分割払いやリボ払いにしていたら、意外と大きな額になってしまうことも……。

結婚すると、これまで自由に使っていたお金は“ふたりのもの”になります。財布の紐をキュッとしめて、今のうちから生活スタイルを改めた方がよさそうですよ。

3:仕事内容や職歴

「仕事の話になると言葉を濁すのって…何かいかがわしいことをしてるってこと?」(35歳・メーカー)

相手のことを知る情報の1つとして、「仕事」がありますよね。営業や経理、事務、クリエイターなど、職種を聞くとなんとなく生活スタイルが分かるもの。

だからこそ、「大した仕事じゃないよ」「転職したばかりだからよく分からない」なんて適当な答えをしたらダメ! 男性に「オレに言えないようなことをしてるの?」と不信感を抱かせてしまいます。あまり気取らずに真実を伝えるのがベストですよ。

おわりに

軽い気持ちでついたウソが、悲しい結末を招いてしまうことも…。本気で付き合いたいカレには、どんなに小さなウソもつかない方が吉かも!?

(取材協力)
20~30代の独身男性

photo by xirannisx


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…