【レポート】年上女性とつき合う男性の本音3つ

ドラマ等の影響で一時期世間で話題になった、女性が年上のカップル。みなさんの周囲にも男性のほうが年下というカップルもいるのではないでしょうか。基本的に男性は自分より年下を好むと言われていますが、なぜ彼らは年上女性と交際しているのでしょうか。今回は、年上女性とつき合う男性の本音をお伝えします。

■年上女性の方が世間の厳しさと現実を知っている

全員が当てはまるわけではありませんが、男性より年上で仕事に貪欲に取り組む女性は、世間の厳しさと現実を把握しているものです。そのため男性が仕事で壁にぶち当たったときなど、喜怒哀楽の「怒」と「哀」の感情を、ネガティブにならずに共有できるメリットがあります。男性が弱みを見せても弱みととらえず、どうしたら乗り越えられるかという建設的な話もしやすいのです。

また、年齢が若い女性よりも「結婚して住むならこんな家」「こんな結婚式がしたい」というこだわりが少ない女性が多いため、年下の男性は、気負いなく将来の話をできる雰囲気に安心感を覚えることもあります。

■男性自身の気の弱さをカバーしてもらえる

年上女性とつき合う男性の中には、「リードしなければいけない」という義務感から解放されるから楽だ、という人がいます。実はリードするのが苦手という男性は気が弱く、常に注意深く相手の機嫌を伺いながら判断を下すため、女性側から全面的に任されてしまうとプレッシャーを覚えてしまうものです。そのプレッシャーから解放されるだけでも、男性は居心地のよさを感じるのでしょう。居心地のよさは、時間を積み重ねたからと言って誰とでも共有できる感情ではないからこそ、そこに価値を見いだすのです。

■「自分のほうが若い」という優越感が持てる

例えば20代後半の男性と、30代半ばの女性が交際していたとしましょう。無意識か意識的かは人により異なりますが、男性側が女性より「自分のほうが若い」という感情を持つのは自然なことです。

そして、その感情が2人の関係にどう作用するかというと、「彼女は自分を逃したら結婚相手が見つからないかもしれないが、自分はまだ年下も年上も選べる」という優越感に変わります。結果、男性の中には「この関係の鍵を握っているのは自分だ」という自信が生まれやすくなるのです。

3つ目は少し意地悪な視点からの考察ですが、男性から聞いた実際の意見です。年上女性は男性のこういう感情もかわいいと思えるぐらい、見た目と中身を磨き続けることが、良好な関係継続のポイントかもしれませんね。

※写真と本文は関係ありません

○著者プロフィール

内埜さくら(うちの さくら)
恋愛コラムニスト。2,000人以上の人物取材の経験で磨かれた、鋭い洞察力が武器。著書は『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)。無料のメール恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い。相談を休止中の場合もあるので詳細はブログまで。恋愛コメンテーターとして『ZIP!』(日本テレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『ばらいろダンディ』(MX-TV)などのテレビやラジオ、雑誌にも多数出演。

(内埜さくら)


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…