男性に好かれる5つの心配り~男性の好むやまとなでしこの心とは~

モテる女性は、心配りの達人。また、イケてる男性というのも、そういった女性を好むものです。そういう男性をgetする為の振る舞いでもあります。

「あなたなら!」と選んでもらえる女性になる為には、準備が必要なのです。その準備とは、心を与えられるようになること。では、どうしたら心配りが出来るようになるのでしょうか?

相手に不快感を与えない
 ➔好感を与える基本は品やマナー
  ➔そして、相手が言葉にしてこないようなニーズを満たしてあげるには、
「気配り」を越えた「心配り」が必要となるでしょう。その心配りのポイントを挙げてみます。

1. 観察力 (相手を見る)

関心・興味を持つこと。目で見るだけでなく、心の目でも見ていくこと。目配りをして、さりげなく観察して、察していく。相手の心を見て、聴いていく。

今、この男性は何を求めているのか? 何を察してほしいのか? をどれだけ見つけ出すことが出来るかが鍵。

2. 記憶力 (相手を覚える)

相手の状況や様子、好きな品、好き嫌い、会話の内容などを覚えておくこと相手をしっかり見て覚えておくのも思いやりの心。

ちょっとした事を覚えておくと、後あとになった時、それが効いてくることもあります。「良く覚えてたね」とか、「助かるよ」といったように、感謝される対象になる確率は高まります。そしたら、相手もあなたの事を一目おいた見方をするかもしれませんね。

3. 想像力 (相手を察する)

相手だったらどう感じるかと、心の声を想像してみる。言われる前に(先読みし)思ってもいないことをする事で、相手の心を動かすことが出来る。その行為を受けた男性は、好印象を持ち、他の女性よりも一歩リードすることに繋がるでしょう。

察して先手で動ける女性はチャンスを取り易くなるでしょう。そうされると、母性的な部分を感じる男性もいるでしょう。ここはポイントが高いですね。

4. 優しさ (相手を思いやる)

どうしたら相手を喜ばせられるか? 相手を笑顔にすることが出来るか? 心の声を聞き、思いやる。思いやりのある人は、思いやりのある人に囲まれているうちに、ますます思いやりの心が育まれるのです。心配りもまた同じ。相手の痛みや辛い気持にも、思いやりの心が持てることは大切。

優しい女性というのは凄くいいものです。男性はよく、性格的に優しい子がいいな~とは素直な子がいいな~っていうことを良く聞きます。

5. 真心 (相手に与える)

心配りの資質は、誰の胸のうちにもあります。それを形にすることが、真心を持って相手に接し、態度や行動で表すことになるのです。

何か見返りを求める策を持って与えるのではなく、純粋に相手がこのタイミングだとか、前からそれを考えていたなどというものを、自分事になって考え、それを与えることが出来たら非常に効果的でしょう。

これは、意外とやらない人も多いので、ポイントは高め。注意してほしいのは、物を与えすぎたり、気を引く為にという概念を持たないことです。

今回のまとめ

結局のところ、自分を思いやる心があるから、他人を思いやることができるのです。


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…