気になる彼との距離を縮めたいあなたへ。○○を選ぶだけで相手との絆はもっと深まる

恋愛上手なモテ女子になるためには、メイクやモテファッションを学ぶだけでなく、男性を良い気分にさせる話術も必要です。一緒にいて「楽しい」「もっとこの人のことを知りたい」と感じさせることが、恋愛成就や相手との絆を深める近道となるはず。

気になる彼との距離を縮めたいあなたへ。○○を選ぶだけで相手との絆はもっと深まる
今回は、相手との距離を縮めることに繋がる、恋愛に効果的な話術を紹介していきましょう!

■まずは否定的な言葉を遣わないこと
相手に不快感を与える言葉を、無意識のうちに遣っていませんか? 「でもね」「だけど」「だって」「できないよ」などの、否定的な言葉を遣うことがクセになっている人もいるかも…。まずは自分の話し方のクセをチェックしてみてください。もし、否定語を用いることが多いなら、早くそのクセを改善することが大切ですよ。

■相手のプライドを傷つけない言い方を!
例えば、彼が食事のお誘いをしてきたとしましょう。そのとき、あなたはダイエット中で、あまり食欲がなかったと仮定してください。

「あんまり食べると太っちゃうし」
「食欲ないから、何でもいいから決めて」
「ダイエットが終わってからにしようよ」

など、相手の誘いに対してマイナスな返事しかできないようなら、この先彼からのお誘いをゲットすることは難しいでしょう。
男性はプライドが高い傾向があるので、「自分を否定された」と思い、あなたとの間に見えない壁をつくってしまうかもしれません。
ダイエット中だったとしても「ダイエット中だけど、○○君となら一緒に行こうかな」「今日だけは特別に食べようかな」と、相手のお誘いを肯定して、プライドを逆なでしない言葉を選ぶと良いでしょう。

■どうしても否定したいときには
どうしても食事をする気分じゃない、相手のお誘いにのれる雰囲気じゃないという時もありますよね。そういうときにも、言葉選びが重要です。
例えば、先ほどの食事のお誘いを例に挙げるなら
「さっき食べたばかりだから、今日は食事以外のことがいいかな」と、優しく否定しながらも、相手のお誘いは受けるというカタチなら、相手のプライドもそれほど刺激しないはず。

彼「遊びに行かない?」
あなた「遊びに行くのもいいけど、今日はおうちでまったりしたいな」

という感じで、オブラートに包んだ言い方を心掛けてみてください。
間違っても、「いつも外出してばかりだから嫌だよ」と、彼を強く否定するような返答をしないように気を付けておきましょう。

(RUREI)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…