お目当ての彼との距離をグンと縮める「カクテルパーティ効果」がスゴイ

彼ともっと深い関係になりたいなら、彼を引き寄せるための話術を磨きましょう。恋愛に使える心理学要素を含んだ話術はたくさんありますが、今回は人間の脳に働きかける話術「カクテルパーティ」をご紹介。

お目当ての彼との距離をグンと縮める「カクテルパーティ効果」がスゴイ
カクテルと恋愛がどう関係しているの? と感じた人も多いはず。まずはカクテルパーティ効果の由来や意味などからお話します。

■カクテルパーティ効果って何?
カクテルパーティ効果とは、周りが騒がしく、雑音が聞こえる中でも自分に必要な情報、興味を引く情報は聞きとれる現象のことです。カクテルなどの飲み物がメインとなる立食パーティに参加しているとき、周囲の声やBGMがうるさくても、自分の名前や友人の声を聞き分けられることから、この名称がつけられたといわれています。

人間は無意識のうちに、自分に必要な情報かどうかを察知しているということ。自分にとって都合の良い言葉は、耳に入りやすいのです。特に自分の名前は、生まれてからずっと呼ばれ続けているものなので、敏感に感じ取れます。

■相手との距離を縮めたいときに有効な話術
この方法は、相手との距離を縮めたいときに特に有効です。「愛してる」などの愛の言葉以上に、相手の名前を呼ぶことの方が相手に好印象を与えるといわれています。

「ねえ」「あのさ」というよりも、「●●君ってさ」と呼ばれた方が、「自分を認識してくれているんだ」と感じやすいのです。恋愛で有効なカクテルパーティ効果の例として挙げると、次のようなフレーズになります。

NG「ねえ、どう思う?」
OK「ねえ、●●君はどう思う?」

NG「これ、あげるね」
OK「これ、●●君にあげるね」

いかがですか? 同じ内容のフレーズですが、相手の名前を入れるだけで、ずいぶん違った印象になりますよね。

■賑やかな場所で活用してみて!
カクテルパーティ効果の由来となった、賑やかな場所で相手の名前を呼ぶことをぜひ取り入れてみてください。カラオケやお祭り、合コンなどでも効果を発揮できます。周りが賑やかにしていても1対1の会話が成立するので、二人だけの空間をつくることができるでしょう。周囲がうるさく、聞こえにくいときは、少し距離を縮めて話しか掛けるといいですよ。

自然と二人の距離感が近づき、より親密な関係を築いていけるはず! 憧れの彼と接近するためにも、ぜひカクテルパーティ効果を実践してみてくださいね。
(RUREI)