本当の頼りがいはどこにある?実は恋人にしたら心強い男性の特徴3つ

「頼りがいのある男性が好き」という女性は多いのでは? でも、現実は「優しいんだけど、ちょっと頼りないんだよね~」なんて男性が少なくないものです。

ただ、見た目がどんなに逞しそうに見えても、中身は案外女々しいといった男性も多いもの。では、本当の意味で頼りがいのある男性とは、一体どういった男性をいうのでしょうか?

そこで今回は、いい男性を見極めるひとつの方法として、実は恋人にしたら頼りになる男性の特徴について考えてみました。

冷静に物事を判断できる

よく「いざという時に、その人の人柄が出る」といいますよね。あなたもドライブデートの時、彼が道に迷って次第にイライラし出したり、思いもよらぬ暴言を吐いてビックリした……なんて経験はありませんか?

一見頼もしい印象の彼も、こうした思わぬトラブルで思いがけない一面が見えてくることは多いものです。もし、似たような状況下で落ち着いた行動を取れる男性がいたなら、彼は過去同じような失敗をすでに経験済み。あるいは、精神的に大人の可能性が高いかもしれません。

物事を冷静に判断ができる男性は結婚後も頼りになることが多いものです。あなたがいざという時に慌てふためくタイプなら、このようなタイプを恋愛対象にしてみると案外相性がいいかもしれませんよ。

恋人と一緒に決めるという考えを持っている

食事先をパパッと決めて、デート中もグイグイとリードしてくれる男性って、頼りがいを感じますよね。でも、彼にすべて決定権を与えてしまうと、次第に自分の本意ではないことが増えて、すれ違いの原因になってしまうことも少なくないものです。

反対にパッと見、頼りない印象の草食系男子でも「ふたりで物事を決めていこう」という考えの持ち主なら、結果的に頼りがいを感じられるかもしれません。

というのも、ふたりで決めることが基本になっていれば、あなたの行動に彼が助言してくれて、お互いの欠点をうまくカバーできるはず。

相手を尊重するということは、それだけ心に余裕がなければできないものです。「彼って草食系だから~」と邪険にせず、相手の良さに気を配ってあげると、意外と彼の頼もしさに気付けるかもしれません。

好きな人のためにとことん尽くしてくれる

仕事でミスをしてしまったとき、私生活で何か悩んでいるとき。「何かあったの?」「俺で良かったら相談に乗るよ」と、親身になって声をかけてくれる男性がいたら、その優しさにホッと安堵するのでは?

世間のイメージでは「頼りがい=力強さ、男らしく解決してくれる」という印象ですが、好きな人のために一緒に悩んで、気持ちを寄り添ってあげるというのも、立派な頼りがいです。

思いやりあっての恋愛なので、お互いの気持ちがどれだけ本物なのか。ふたりの絆をきちんと深め合うことで、おのずと彼に頼もしさを感じるようになるのではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたか。一見頼もしさが欠けている男性も、見方を変えれば彼なりの頼もしい一面があるかもしれません。彼の頼もしさはあなたの行動で作られると考えて、ふたりでいい関係を築けるといいですね。

 

photo by ambroochizafer


この記事どうだった?

5いいね!

8うーん…