人生の伴侶とは? 生涯の伴侶かどうか見極める方法と5つの意識する瞬間

大好きな人を人生の伴侶にしたいと思うでしょうが、この先の人生で起こる問題に対処していくことを考えれば、いくつか押さえたいポイントがあります。

そんな、幸せな人生を共にできる伴侶の見極め方と見つけ方をご紹介します。運命の人を逃さないよう、ぜひ参考にしてください。

そもそも伴侶とは?

最高のパートナーに出会うには? 人生の伴侶を見極める9個のポイント豊かで幸せな人生を歩むために大切な存在となるのが、生涯を共に歩める伴侶でしょう。

伴侶とは、苦楽を分かち合うパートナーのことです。「人生の伴侶を得る」「よき伴侶に恵まれる」と言いますが、伴侶には「つれ。なかま。また、配偶者」という意味があります。

ご自身に合った伴侶を見つけられるかで、この先の長い人生が大きく変わるでしょう。一度きりの人生ですから、後悔しない伴侶を見極められるようになりましょう。

人生の伴侶を見極める9個のポイント

「恋は盲目」「あばたもえくぼ」という言葉があるように、恋をしているままの状態で人生の伴侶を選んでしまうと、恋愛感情が落ち着いた時に後悔することが意外と多いのです。

3組に1組の夫婦が離婚すると言われる現代だからこそ、人生を共に歩むのにふさわしい生涯の伴侶かどうかを慎重に見極めたいものです。

人生のよき伴侶を見極めるためのポイントを紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

1:相手のことを最優先に考えられる

人生の伴侶を見極める方法としてまず覚えておいていただきたいのが、相手のことを最優先に考えられるかという点です。

相手の肩書きや表面的な魅力だけに恋をしている場合、自分のことを後回しにしてまで相手を優先しようとは思えず、つい自分勝手な振る舞いをしてしまいます。

生涯の伴侶にするのなら、お互いに相手のことを優先し合える関係でいられる人を選ぶと、二人で幸せになれるでしょう。

2:相手の問題に寄り添って一緒に取り組める

長い人生では多くの問題が起こる可能性があるため、そんな時に寄り添ってくれるかどうかも、人生の伴侶を見極めるポイントでしょう。

客観的に見ればささいな悩みやトラブルであったとしても、相手の気持ちに深く寄り添い、自分のこととして考え、問題を解決するために一緒に取り組んでくれる相手は、人生の伴侶にふさわしいと言えます。

悩み事を相談した時に、相手が誠実な態度で応じてくれるかどうかがひとつの指標となるでしょう。

3:一緒に問題を解決できる

最高のパートナーに出会うには? 人生の伴侶を見極める9個のポイントこれから先の人生で直面する問題には、一人では解決しきれないこともあるでしょうから、一緒に解決してくれる人かを見極めましょう。

大変なことがあっても二人で支え合って解決できることが、よき伴侶と歩む人生の強みです。トラブルが起きると逃げたり、問題を押し付ける人ではなく、物事に柔軟な対応ができる人なら頼もしいでしょう。

逆に自分自身も、相手の問題を一緒に解決できそうかを考えてみるのもよいでしょう。

4:お互いに嫌だと感じることが似ている

人生の伴侶を見極めるには、お互いに好きだと感じることよりも、嫌だと感じることが似ているかがポイントになるでしょう。

限られた人生の時間の中では、嫌なことはできるだけ避けたいものです。人生の伴侶と嫌なことが一致していれば、嫌なことを避けやすくなり、結果的に楽しい時間を過ごしやすくなるでしょう。

価値観が似ているかを見る時には、つい好きなことばかりに目が向きがちですが、嫌なことにも注目してみましょう。

5:話し合いがしっかりできる

これから先の人生を長く一緒に過ごす伴侶とは、話し合いをしっかりできることが大切です。

話したい時に話してくれない人では、問題が起きた時も解決が難しくなるでしょう。嘘で隠したりごまかしたりする人や、真面目に話を聞いてくれない人は要注意です。

たとえ自分に都合の悪い内容であったとしても、話し合いに誠実に応じてくれることや、こちらの話に耳を傾け、それを理解しようと努めてくれることが人生の伴侶には欠かせません。

6:物事に柔軟な対応ができる

物事に柔軟な対応ができるというのも、人生の伴侶を見極めるポイントです。

独身であれば自身の一存で物事を決めるのもよいでしょうが、結婚して夫婦になったとすれば、自分勝手な対応はトラブルのもとになります。

多少頑固な面があっても、それは意志の強さとも言えます。しかし、重要な場面では状況を見て、必要なら譲るといった対応ができるかも見極めておきましょう。器の大きさを見極めるとも言えます。

7:失敗や挫折をしても立ち直ることができる

失敗や挫折をしても立ち直ることができる、精神的な強さがあるかという点も、人生の伴侶としての重要なポイントです。

どんなに優秀な高学歴であっても、挫折経験が全くない人は、何か問題が起きた時にそこから立ち上がることができなくなってしまい共倒れになりかねません。

失敗して挫折したとしても「頑張ろう」「やり直そう」と前向きに考え、人生を再生させるだけの精神的なタフさが人生の伴侶には必要でしょう。

8:物事をポジティブに捉えられる

人生の途中で問題に見舞われても、絶望してしまったり、自暴自棄にならないためには、物事をポジティブに捉えようとする姿勢を持てるかが大切です。

人生を共に歩むためには、嬉しいこと・楽しいことだけでなく、苦しいこと・悲しいことも分かち合いながら、前に進んで行かなくてはなりません。

人生の伴侶を見極めるには、精神的にタフであり、気分にムラのないことが重要なポイントになるでしょう。

9:「ありがとう」「ごめんね」が素直に言える

最高のパートナーに出会うには? 人生の伴侶を見極める9個のポイント人生の伴侶に「ありがとう」「ごめんね」が素直に言える人を選ぶと、幸せに過ごせるでしょう。

謝罪と感謝の言葉が言えない、あるいは言わない相手とでは、ささいなことでも喧嘩になるなど、つらい思いをすることになりやすいでしょう。

「親しき仲に礼儀あり」という言葉があるように、おじいちゃんおばあちゃんになっても仲のいい夫婦は、ちょっとしたことでもお互いに「ごめんね」と「ありがとう」を欠かさないものです。

人生の伴侶の見つけ方7つ

人生の伴侶の見極め方がイメージできてきたら、いよいよ見つけ方ですが、相手を見つけやすい状況をつくることと、自分自身を磨くことがポイントです。

相手を見つけやすい状況をつくるには、ノートに理想像を書き出してみると、何をすればよいのかが自然とわかってくるでしょう。自分自身を磨くには、外見だけでなく内面もバランスよく磨くことが大切です。

1つずつ紹介していきますので、ぜひ実践してみてください。

1:自身の理想の人や人生を明確にする

人生の伴侶を見つけたいなら、まずご自身の理想の人や人生を明確にしておくとよいでしょう。せっかく理想の人と出会えているのに、気が付かないまま通り過ぎてしまったとしたらもったいないことです。

おすすめなのは、理想の日々の過ごし方や、その時に一緒にいてほしい相手のことをノートに書いていく方法です。人に見せる必要はありませんので、自由に書いていきましょう。そうすることで、理想の人が現れた時に見つけやすくなります。

2:良いと思った人とはできるだけたくさん会う

良いと思った人とはできるだけたくさん会うことで、本当に自分に合った伴侶を見つけられるでしょう。理想の伴侶像だと思っていたものが、実はメディアや友人の話に影響されたものだったということもよくあります。

できるだけたくさん会うことで、自分でも気づかなかった本心に気づくこともあります。例えば、理想どおりの相手なのに居心地がよくない、全然好みではないのになぜか落ち着く、ということもあるでしょう。

3:出会いの質を高める

最高のパートナーに出会うには? 人生の伴侶を見極める9個のポイント人生の伴侶を見つけられる可能性を高めるためには、出会いの質を高めるようにするとよいでしょう。そのためには、インドア派ならインドア系、アウトドア派ならアウトドア系の人が多そうな場所というように、理想とする相手がいそうな場所に行ってみましょう。

特定の趣味があれば、その集まりに行ってみるとよいでしょう。自分でも興味の持てる場所なら行きやすいですし、何度も通うことで出会える確率もアップすると言えます。

4:将来を考えられる人と出会う

人生の伴侶の見つけ方においては、将来を考えられる人と出会うということもポイントになります。今一緒にいて楽しい人がふさわしい人とは限らないのが、人生の伴侶の選び方の難しいところです。

趣味がとても合っていたとしても、生活する上での価値観が合わなければ、伴侶になると苦労することがあります。将来の具体的な場面を想像して、楽しい時や相手の強みだけではなく、苦しい時や相手の弱みについても考えてみましょう。

5:外見だけでなく中身も磨く

人生の伴侶に出会う日のために、自分も磨いておきたいものですが、外見だけではなく中身も磨くことを忘れないでください。

よく知らないうちは特に外見の印象が大きいですが、話すにつれて中身の印象が大きくなっていきます。その際、外見と中身のギャップが大きいと相手をがっかりさせやすくなるため、健康的な美しさと、思いやりのある知性をバランスよく持つことを目指して自分を磨きましょう。

6:経済力を身につけておく

どんなに魅力的でも、金銭感覚が合わなければ人生の伴侶として意識することは難しいでしょう。相手の経済観念を理解し、それに合わせられるように準備しておきましょう。

無理に節約したり転職したりするよりも、家計簿で収支を把握するなど、無理せず続けられることからはじめます。お金のことを勉強したり、貯蓄を増やしたりすることは、自分のためにもなりますので、やっておいて損はないでしょう。

7:この人だと思う人がいたら全力でつかまえる

最高のパートナーに出会うには? 人生の伴侶を見極める9個のポイント人生の伴侶の見つけ方をふまえながら、この人だと思う人がいたらその時は全力でつかまえてください。そういった相手にはなかなか出会えるものではありませんから、後悔するくらいなら思い切っていきましょう。

「この人がいないと生きていけない」と確信を得たのならば、その相手は運命の人だと言ってよいでしょう。正解は誰かが決めるわけではありませんから、自分の直感を信じてぶつかってください。

ポイントを押さえて人生の伴侶を見つけよう

恋人なら好きというだけでもよいのでしょうが、人生の伴侶になるなら、見極めておきたいポイントがあることをお分かりいただけたでしょうか。

人生の伴侶を見極めるには、他人の理想像にまどわされることなく、自分の本心から求める内面を持っているか重視することをおすすめします。

焦らずじっくりと、でもこの人という人は逃さないでください。人生の伴侶となる人が、実はもうすぐそばにいる可能性があります。

Written by Airi

Airiの他の記事を読む