35歳以上の婚活で重視するべきものって? 適齢期を過ぎても結婚できる方法 3つ

35歳以上の女性に対して、男性は自然と身構えてしまうものです。初対面では『恋愛対象外』と見られやすくなり、結婚の可能性も20代後半女子に比べれば低くなるでしょう。

でも、35歳以上でも結婚できる人はできるわけで……。それも、女優やタレントという特別な職業に就いているから配偶者が見つかるとも限らず、普通に会社員として働くアラフォー女性が「結婚しました」と報告するケースだってあり得ます。年齢で区切って絶対に無理と結婚をあきらめる必要はないのです。

では、実際のところ、35歳以上の女性はどうすれば結婚できるのでしょうか?

1、 結婚に期待していたり、重く考えていたりする男性は相手にしない

そもそも、真剣に結婚を考える男性は35歳以上の女性を恋愛対象に見ないので、成功率の低い男性は相手にしないことです。脈がなさそうと感じたら早い段階で諦めるのが賢明ですし、気になる男性から袖にされても、失恋したと落ち込むことはありません。深く考えずに次のターゲットを探しましょう。

「20代の若い女の子を狙うオトコは、最初から対象外に見てた」(37歳で結婚・専門職)

「結婚に興味のない40代前半の男性がいいなと思ったし、そういう相手が自分にとってラクだった」(39歳で結婚・派遣社員)

結婚願望があまりない男性を狙ってうまくいったケースも、結構多いようです。結婚に対して具体的な理想や憧れがないと、女性の35歳という年齢もそれほど気にならないのかもしれません。

2、 関係が1番盛り上がる時期に、勢いで結婚を決める

「プロポーズをされることを期待しなかった。今いけるんじゃないかと思ったから、自分から入籍を提案して、受け入れてもらえた」(36歳で結婚・営業事務)

 言い方は悪いですが……35歳を過ぎれば『選んでいる余裕なんかない』ので、少しでも相手がその気になったら勢いで攻めるべきだといえます。どっちがプロポーズするか、プロポーズのシチュエーションはどんなものかという点にはこだわらず、結婚を決めてしまうことです。

人生の一大事をロマンチックな場面で決めたいと思うかもしれませんが、そこはあまり期待するべきではないでしょう。また、世の中には無造作に結婚を決めているカップルが結構いるものです。プロポーズは必ずしも美しく感動的な情景であるとは限りません。

3、女らしさを失わない

結婚は恋が始まらないと決まりません。また、恋をスタートさせるには、男性に「素敵」「きれい」と思われるようなオンナであるべきです。

「真面目に結婚しようと決めてから、エステや基礎化粧品にすごいお金を遣った」(39歳で結婚・派遣社員)

特に、三十路をすぎると髪の毛がパサパサしやすくなり、ちょっとの夜更かしでも肌が荒れて、目の下にはクマができやすくなります。また、手の甲や首にも年齢が出始める頃なので、ぱっと見のメイクやファッションだけでなく、全身を丁寧にケアすることが大事です。

 

Photo by.ZENG’S TALK


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…