意中の彼があなたに夢中!メールの書き方ポイント4つ

好きな人とのメールはいつでも緊張するものです。どうやってメールをしたらいいかわからずに悩んでいる人もいるでしょう。メールの書き方を間違えると、相手に嫌われてしまうかもしれません。そこで今回は、彼を虜にするメールの書き方をご紹介します。

1. すぐ返信しない

好きな人とメールができるから嬉しいと、すぐにメールの返信をすると相手に嫌がられてしまうかもしれません。追いかけているように連絡をすると、相手に「逃げたい」と思わせてしまうからです。それよりも、相手があなたを「追いかけたい」と感じるように、メールの返信はすぐにしないようにしましょう。

2. 相手と同じ文章量

好きな人へは、たくさん伝えたいことがあるでしょう。しかし、だからといって長文のメールを相手に送り付けると嫌がられてしまいます。メールの文章量は相手と同じくらいが理想的です。例えば彼から3行くらいメールが来たら、あなたも3行くらいにまとめて返信するようにしましょう。

3. 話し言葉は女子っぽく

好きな人の前では、あなたは「女の子っぽくてかわいい」ところをアピールしましょう。あなたの姿が見えなくても、メールの文章を女の子っぽくすることで、かわいいと感じさせることができます。「すごーい!」「うらやましいです!」など、相手を褒めるのも可愛くするのがポイントですよ。

4.絵文字は適量で

メールに欠かせない絵文字。使いすぎると、相手に嫌がられるので注意が必要です。特に彼とメールをし始めたばかりの頃は、彼もあなたのことを知らない状態ですので、絵文字を使いすぎないようにしましょう。特にハートを使いすぎは禁物です。最初は、絵文字、「☆」や「♪」程度にするようにしましょう。

メールで好印象を与えよう

どんなにあなたがいい人でも、メールで好印象を与えることができないと、あなたの良さを彼にアピールすることはできません。今回ご紹介した4つのポイントを参考にして、彼を虜にしちゃいましょう!

 

Photo by maxbenny2002


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…