【レポート】初デートに不向きな飲食店3つ

初デートで食事は定番中の定番です。ですが、飲食店選びを間違えてしまうと、せっかくのデートが台無しになってしまう恐れもあります。今回は、初デートに不向きな飲食店を3種類、紹介します。

■対面で座り且つテーブルが狭いお店

心理学で対面に座ることは「敵対視しやすいポジション」と言われています。筆者は取材では常に心がけていて、対面に座らなければならない場合は、自分が座る椅子を相手から見て斜めに来るようにずらしています。

しかも対面で座ると、目をしっかりと合わせて話さなければいけない機会が激増します。そのうえテーブルが狭いと、近距離で目を合わせながら話をしなければなりません。初デートという、お互い照れがある関係でこのポジションはかなりのプレッシャー。盛り上がるはずの話も盛り上がりにくくなってしまうのです。

ベストはL字か横並びに座る飲食店です。

■静かすぎるお店

お店全体が静かですと、必然的に2人も声のトーンを落とさなければならなくなります。静かに話しながら会話を盛り上げるのは至難の業です。

だからといって、すぐ隣にうるさい団体客がいるお店もNG。その飲食店にいづらくなってしまい、食事の後のコースを決めていないのにお店を出る、という不測の事態に陥ってしまいます。

「対面で座り且つテーブルが狭いお店」と「静かすぎるお店」を避けるということは、事前のリサーチが必須ということ。初デート前に一度足を運んでおくのが最善策です。一度下見をしておけば、そのお店が自分にとって”ホーム”に近い状態になるので、緊張も和らぎます。

予約も忘れないようにしましょう。「大切な人との食事なので」と伝えておけば、お店の中でもいい席を準備してくれます。

■前の恋人と何度も行ったお店

自分が通い慣れたお店にエスコートすると、リードした側がリラックスできるのは当然ですが、前の恋人と何度も行ったお店は避けましょう。人は察することができる生き物ですから、店員や本人の雰囲気を察して、痛くもない腹を探られることになりかねません。

初デートでの飲食店選びは男性側に任されるパターンが多いですが、この条件をすべてクリアしなければいけないとなると、「じゃあ、どこに連れて行けばいいんだ!」という悲鳴が聞こえてきそうです。そこで提案ですが、チェーン店ではないイタリアンはいかがでしょうか。少し大衆的なお店であれば、客単価もあまり高くありません。

また、女性側が行きたいお店をピックアップして男性と相談し、予約だけ男性にお願いする、という方法もあるので、女性のみなさんは、男性任せにしていればいい、というわけではないことも覚えておいてくださいね。

※写真と本文は関係ありません

○著者プロフィール

内埜さくら(うちの さくら)
恋愛コラムニスト。2,000人以上の人物取材の経験で磨かれた、鋭い洞察力が武器。著書は『恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80』(講談社)。無料のメール恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い。相談を休止中の場合もあるので詳細はブログまで。恋愛コメンテーターとして『ZIP!』(日本テレビ)、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『ばらいろダンディ』(MX-TV)などのテレビやラジオ、雑誌にも多数出演。

(内埜さくら)


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…