無意味なデートに時間を費やさないための相性チェック法!

こんにちは。恋愛プランナーのTETUYAです。知り合ったばかりの男性との初めてのデート。2人きりで会える時点で間違いなくお互い興味を持っているのは確実。ただ、ここから本当に恋人同士になれるかどうかは、食事をしながら話してみての相性次第なところ。では、何をもって相性がいいか悪いか? これって意外と明確な判断が難しい。

男性は、あなたと仲良くなりたいから心の距離を詰めてくる。その詰め方に嫌悪感を感じるか感じないか=相性が合うかどうかだと思います。今回は距離の詰め方の幾つかのパターンを紹介します。それを実際された時、嫌悪感を感じる感じないを判断基準に今後の男性選びに活かしてもらえればいいと思います。

① 褒められても嫌じゃない(初級レベル)

男性が距離を詰めてくるパターンの一つに王道の「褒める」があります。そう、「かわいいね」「性格いいよね」「真面目だよね」まあ、色んな褒め言葉あります。この時に「嬉しい」という感情が嫌悪感を超える男性は相性○。逆に「嫌悪感」ならまだしも「何か気持ち悪っ」と思う男性は相性×ですね。

② ディスられても嫌じゃない(中級レベル)

会話の中で男性から、あなたの欠点を冗談交えて指摘された時に「怒り」より、私のことをちゃんと見てくれてるんだという「嬉しい」感情が超える相手なら相性○。男性側からすると「賭け」的なとこもあって、タイミングやディスり方を一歩間違うと大怪我することも(苦笑)。ディスるレベルにもよるけど、ハードであればあるほどクリアした時の距離の縮まり方は一気に加速するものです。

③ ボディタッチされても嫌じゃない(上級レベル)

これも王道だけど大事なポイントだと思います。相性○な人ならボディタッチもされてるかどうかもわからないほど気にならない。逆に相性×な人は触られてる箇所の神経が研ぎ澄まされて、気になって会話に集中できないかも。(苦笑)

相性が合う相手には最初から心が許せる!

今回、男性の距離を詰めてくるパターンを3つ紹介しました。いかがでしたか? ちなみに僕は3つとも使います。(笑)

改めて見てみると、相性が合う男性は、あなたが心を少し許せる男性。恋人になる男性には必要不可欠な条件と言っても過言じゃないですね。

 

Photo by Lúa Chín | Chụp Hình (改変 gatag.net)


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…