遅刻が別れの原因に! 相手の遅刻、何分まで許せる?

カップルの喧嘩の原因となりやすいのが、遅刻。遅刻グセがある人は、毎回といっていいほど5分~10分遅刻する人もいます。しかし、遅刻が破局の原因になってしまうのも事実。今回は、遅刻について恋学でアンケートを行いました!

徹底調査!遅刻は何分まで待てる?

480人の男女に「相手の遅刻、何分まで許せる?」と調査を行ったところ、下記の結果となりました。

相手の遅刻何分まで許せる?

まず一番多かったのが「連絡があればいつまでも」が42%。あらかじめ遅れることがわかれば、待ってくれる人が4割いることがわかりました。

次が30分まで許せるが16%。連絡のない遅刻は待てないは14%。15分まで許せるが13%、1時間まで許せるが12%という結果となりました。許せる時間はそれぞれわかれており、15分の人もいれば、30分の人もいます。

あなたが1時間遅刻を許せる人だとしても、相手は15分も許せないかもしれません。自分の価値観を相手に押し付けてしまうと、喧嘩の原因となってしまうので注意しましょう。

遅刻が原因で恋人と別れないためには?

遅刻が原因で別れるカップルが多い中、どのようにして防ぐことができるのでしょうか。一番は「遅刻しないこと」。もし自分が遅刻しやすいタイプだと思うなら、30分早く到着するつもりで準備、出発するようにしましょう。

そして、もし遅刻してしまったら…。誠意をこめて謝ることが大切です。謝り方が悪ければ、相手は気分を害して嫌なムードになってしまいますし、反対にしっかり謝ることができれば、許してもらえるからです。ただし、きちんと謝ることができても、何度も遅刻していては嫌われるのは当然。もし一度遅刻をしてしまったら、次は絶対にしないようにしましょう。

約束の時間をきちんと守ろう

デートの待ち合わせに毎回遅れていれば、嫌われてしまいます。あなたが時間にルーズでも、相手は時間に厳しい人かもしれません。待ち合わせには5~10分早く到着するのは当たり前です。約束の時間をきちんと守り、相手に好印象を与えるようにしましょう。

 

《参照》
恋学アンケート
http://koigaku.machicon.jp/enquetes/
2015年5月2日現在

Photo by TonyChen