男性のホンネを徹底調査!『恋人との結婚』を決意するタイミングとは?

結婚には“勢い”と“タイミング”が必要だと耳にしたことがありますが、結婚は人生の一大事!
さすがに勢いとタイミングだけでは決めかねるのは当然です。
そこで今回は世の既婚男性75名が、どのくらいの交際期間を経て結婚に至ったのかをリサーチしました!

■交際から結婚するまでの期間は?

men20130919

【1位】1年~2年(35%)
【2位】2年~3年(22%)
【3位】半年~1年(21%)
【4位】1日~3カ月(9%)
【5位】その他(6%)

アンケート結果を見ると、3分の1以上の既婚男性から交際1年~2年の間に結婚に至ったという回答が。
次いで2位の2年~3年、3位の半年~1年の交際期間を経てからという結果を見ると、結婚に“タイミング”は
関係しても、“勢い”で人生のパートナーを決めた人たちは、わりと少ないことがわかります。

それでは次に、結婚を決意した男性側の理由をランキング順に見てみましょう!

■1日~3カ月
・「この人しかいない」と思えたから、それなら早く結婚した方がいいと覚悟を決めました。
 (35才/事務系)
・交際期間より、お互いを想う気持ちが大切だと思えたから結婚しました。
 (27才/営業職)

■半年~1年
・以前、2年付き合い結婚の約束をした彼女に逃げられた経験があるので、早く結婚を決めて
 落ち着きたかったのが理由です。
 (33才/建築)
・四季を過ごしてみて大丈夫なら、何年経っても大丈夫という自信がありました。
 (26才/自動車)

■1年~2年
・彼女の年齢を考えると、早く結婚してあげたいという気持ちがあったので、1年付き合ってみて
 お互いが大丈夫だと思えたらプロポーズをしようと最初から決めていました。
 (29才/技術職)
・早く結婚したい気持ちはあったのですが、周囲から電撃婚とは思われたくなかったので、
 1年以上交際期間があれば周りにも認められるだろうと思い、交際から2年以内の結婚を目指しました。
 (32才/金融業)

■2年~3年
・交際1年では見えない部分も、2年過ごせば見えてくるだろうと思い、2年かけて慎重に結婚を決意しました。
 (28才/営業職)
・3年以上経つと結婚に踏ん切りがつかなくなりそうだと思ったので、お互いの理解が深まり、
 関係が盛り上がっているうちにと思ったらこの時期での結婚に至りました。
 (29才/保険業)

■その他
・お互いに仕事が忙しく、気が付いたら5年も経っていましたが、そんな中でもずっと一緒に
 いれたのは縁がある人だからだと感じ、結婚を決意しました。
 (33才/SE)
・3年経った時は「このまま交際が続けばいいや」と思っていたのに、周りが結婚しだし家族を
 作る姿を見て改心し(笑)、4年目にプロポーズをしました。
 彼女は結婚を諦めかけていた時期だったようで、それまでのどんな高価なプレゼントよりも
 喜んでくれました。
 (34才/自営業)

アンケート結果では1年~2年の間に結婚を決めるカップルが多かったわけですが、このように
結婚する理由や時期が異なるところを見ると、交際から1年~2年の期間が結婚に至る
ベストタイミングとは一概に言えなそうです。

結局は、交際期間が短くても長くても、お互いのタイミングとフィーリングが合ったときに結婚するのが
2人にとってのベストタイミングと言えるのでは。
今は彼氏にまったく結婚する意志が感じられなくても、環境や状況の変化により、彼の心境が
変わる可能性は大いにあると言えます!

恋愛ウォッチャー aYaの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…