駆け引きなんかより、真正面から「好き」って言いなさい! ~マサ姉が解く、女の幸せの掴み方 Vol.3~

自分をよく見せる姿勢と角度はしっかりマスターできた?
前回ちょっとだけ合コンの話をしたでしょう!? そうしたら、“もっと合コンテクニックが知りた~~い!!”って声があったから、今日は男心を掴む合コンテクニックを教えるわ。フフ……

1.気持ちをストレートに伝える!

合コン会場に入った瞬間に私は、「あ、あの人イケる!」っていうターゲットを必ず見つけるの。
運良く自分好みの人がいればいいけれど、パッと見“イマイチ”って時もあるじゃない!? でもさ、合コンに行く理由は出会いを求めているからでしょ? “合コン”っていうと軽い言葉に聞こえるけれど、いわば合コンは“出会い”よ!
だったら好みのタイプじゃなくても、その中で一番目ぼしい男を見つけて標的にするの。

でね、とりあえず私は正直に言うわ。
「すきっ♡」って……。

あのね、言っとくけどアナタたちは無駄な動きをするからダメなのよ。
男に気に入られようと思って、合コンで張り切る女っているじゃない?
一生懸命キャラ作ってさ、「あたしが料理取り分けるぅ~」「あ、いいのいいの。私やるから!」って何でも出しゃばる女!
そんなの見てる男は見てるけどね、既に男は自分のターゲットを見つめてるのよ!
そんな甲斐甲斐しい動きはムダ。

「好き」って言ってみて相手が本気で嫌がったら、「あ、この人無理なんだ」ってすぐわかるじゃない!?
だけどもし「好き」って伝えて笑顔を向けられたら、もうそいつはアタシのモノよ。
フフ…恋ってね、本当に単純明快なのよ!

2. 駆け引きは使わない!

もし相手に拒否られたら??・・・そうね。本当に無理!っていう態度じゃない、やんわりとした断られ方なら、
「じゃ、次のさくせ~ん!」って言って、アプローチの仕方を変えるわ。

私の場合はね、狙っている彼の前でわざと他の男に向かって「好きっ♡」って言うの。陰でコソコソやるんじゃないわよ?本命の男に見せるから意味があるんだから!

それでね、本命の彼に言うの。「いいの?あたしこっちにいっちゃうよっ?」って……。男って狩猟民族と同じだから、そうやって言われるとドキッとするのよね。「え??さっきまでオレのこと好って言ってなかった?」って顔をするわ。だからわざと本人の目の前で、他の男を口説くのよ。

それをバカな女はさ、本命の男が見えていないところでチラチラ目配せしながら他の男にちょっかい出すじゃない?いやらしいったらありゃしない!
恋愛に無駄な動きはノー!

いい?駆け引きを使ってもいいのは、誰が見ても振り返る超スーパー級の女だけ。
駆け引きってね、相当な自信と度胸がないと自爆するのよ。

そんなことを考えるより、素直になりなさい!駆け引きなんて考えるからまどろっこしくなっちゃうの。真正面から「好き」って言って、無理なら無理でハイ。次行きますよ~。で、いいのよ!!

3.男を落とす、魔法のコトバ

男はね、「好きかも」って言われると弱いの。

好き……かも?

“かもって何?”って男は思うワケよ!「好き」って言われると安心しちゃうんだけど、「かも」って付くと、“まだ好きになりたてなのかな!?”って解釈して張りきるじゃない?フフ…男って本当にバカ(笑)。
でも、そこが可愛いのよね!

あともう一つ。ボディタッチは効果的!色気で落とせっていう意味じゃなくて、ボディタッチって相手の体温を感じるじゃない?温もりは人に安心感をもたらせるのよ。
私はね、ある程度仲良くなったら太ももの下に手を入れるの。それか足を組んだももとももの間に手を入れるわ。ここね、すっっっっっごく安心するの。

男も男で、「あ、これ絶対自分に気があるな」って思うし、大概の男性は「心地良い」って喜んでくれるわ。

話してる途中とかに、「あたしここ好きなの~!安心するんだ~」ってさり気なく手を入れるの。あくまでも、さりげなくよ!(笑)これがね、意外にいやらしくないのよ。

ほかにも自然と腕をからめるのもオススメ!
「一緒に写真撮ろうよ!」って声をかけて肩を組ませるのもいいわよ。

え?これってオカマだから成せる図々しい業かしら??
そんなことないわよぉ~(怒)。“もっと近づきたい”っていう素直な気持ちを行動に移しただけだもんっ。
オカマだからって特別な生き物じゃないのよ!!
フフ…ただ自分のハートに素直に生きてるだけ(ポッ)。

「合コンでいい出会いがない!」って嘆く子がいるけれど、出会いは一期一会。
“待ち子ちゃん”はダメよ!!

あらやだ。もしかしてアナタ、“待ち子”なの? 
んもぉ~、じゃあ次はそのお話しなくちゃ!
それまでに今日教えてあげたこと合コンで実践してみるのよ~!!  Let’s 恋活ぅ~~!
それじゃ…シーユー☆

(メイク/HIKOHO・取材/佐藤文子)

マサ姉の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…