口に出しては言わないオトコの本音! 男性が結婚に期待するもの 3つ

女性は子供を産むと強くなるといわれますが、男性は結婚して家族を持つことによって成熟すると思います。ほとんどの家庭で男性が主に外へ出て働き、収入を得るというスタイルを取っているため、どうしても既婚男性は『家族を守る立場』を取りがち。仕事をしてお金を稼ぐのが、一番わかりやすい夫や父親としての役割になるのでしょう。

そのため、男性は結婚の意義を、「家族を持つことで一人前になれる」などと話したりします。確かに間違ってはいないんですが、本当にそうでしょうか……?

ええ、多くの男性は結婚に対する本音を公言しません。言えば女性から大ヒンシュクを買うとわかっているので、容易に口にしないのです。

1、 いつでもセックスできる相手が確保できる

ハイ。それこそが、男性にとっての『結婚する意義』なんだそうです。ある男友達は、「男にとって結婚のメリットはそれだけでしょ。責任が重くなったり、どんなに稼いでも自分が遣えるお金が少なかったりして、デメリットのほうが多い」と話していました。

男性は女性と違って、定期的に精子を放出しなければならない体の作りをしています。また、そのためには自慰行為かセックスが絶対に必要です。相手をしてくれる女性を確保するために、まず出逢いを探して「抱きたい」と思える人を見つけ出し、口説き落さなければなりません。知り合った当日にベッドインするのはなかなか難しいですし、恋人関係になれても、女性は何かと気難しい生き物ですから、男性の望み通りにエッチする流れができない可能性だってあります。

その点、結婚すれば夫婦はセックスをするのが当たり前です。セックスレスが騒がれていますが、妻がいるなら「出逢いを求めて、口説き落とす」という工程は踏まずに済むのです。渋る奥さんをなだめてベッドへ誘いさえすれば自分の欲求は満たされる、というところが男性にとっての結婚のメリットでしょう。

2、家事をしてもらえる

今どきは、料理上手で女性よりも掃除が得意な男性も少なくありません。けれど、大抵の男性は、妻に母親の代わりをしてもらおうとします。本人が明確に意識していなくても、無意識にそう促している場面が多々あるのです。

たとえば、脱いだ靴下や洋服をそこらへんに置いたままにするとか、特に理由や役割分担がなければ『食べ専』(食べること専門で、料理をしたり食卓テーブルを片づけたりはしない状態)に徹する、起きる時間を妻に告げて『起こしてもらうのが当たり前』という態度を取るなどがそうでしょう。料理の味付けを自分の母親に近づけようとする、あるいは母親のレシピを覚えさせるという夫は、特に「妻は母親の代わり」という意識が強いといえます。

とはいえ、女性側からすれば、「私はあなたの妻になったのであって、お母さんになったつもりはない!」なんですが……。

3、甘えさせてくれる

いつでも甘えられる環境が家に整っていることは、男性に安心を与えます。浮気などしないで、仕事が終わればまっすぐに帰宅するでしょう。仕事で上司から叱られようと、困難な業務に忙殺されようと、愛する妻に膝枕なんかをしてもらって自宅で心を休ませたいと考えるものです。

ただ、恋人としてお付き合いしている時はそれなりに気を遣ってくれたし、頼りがいもあったけど、結婚したとたんに自己中心的になったり、やたらと弱音を吐くようになったりする場合、男性は結婚のメリットに『甘えられる』を挙げるはずです。甘えられて嬉しく思ううちは良いですが、ワガママや奔放さに妻が振り回されるようになれば、夫婦間でもルールづけが必要になるでしょう。

 

Photo by.油甲桂


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…