料理が苦手だと結婚できないの? 男性の『妻が作るごはん』に対する本音

オトコを落とすには胃袋をつかめ! などと言われますが、それをちゃんと実行できる女性はあまり多くないんじゃないでしょうか? 世の女性すべてが料理上手というわけではありませんし、じゃあ料理が苦手な人は結婚できないのかというと、そうとも限りません。タレントの神田うのさんは、結婚当初「家事はしない」を公言していましたし、筆者の周囲にも料理と掃除がまったくできない既婚女性が存在しています。

女性が作る料理にこだわる男性は少なからずいるとしても、結局のところ、どうなんでしょう? ある程度はやっぱり作れないと結婚は難しいのか、あるいはデパ地下のお惣菜をテーブルに並べるだけでも夫婦生活は成立するのか……? 男性の本音を見ていきたいと思います。

妻の存在価値は『料理』だけじゃない

男性が結婚を決意する時、相手の女性が料理上手かどうかは最大重要点ではないようです。多くの男性は「そうあってほしい」と希望はするものの、絶対的条件に挙げている人は少ないといえます。

そのため、料理はあまりうまくないけれどキレイ好きで掃除は上手だとか、家事全般が苦手でもバリバリ仕事をしていて収入がそれなりにあるなど、「代わりに○○ができる」というものを持つべきでしょう。また、そうした『武器』がないと、長い結婚生活は安定して続かないかもしれません。夫ばかりに負担が多くなり、妻は不利な立場を取りやすくなります。

料理はできなくていいから、フォローを大事に!

料理はセンスともいいますから、できない人はどれだけ努力しても上手くはならないかもしれません。また、それなりに作れても味オンチだと、作った本人が「美味しい」と言うだけで、実際にはマズい場合があるものです。あるいは、生まれ育った地域が違えば、薄味すぎるとか、しょっぱくて食べられないなど、好みもだいぶ変わってきます。妻は必ずしも夫が好む料理を作れるとは限らないのです。

だから、ある程度は努力しても、「こりゃムリだ」と思ったら、『料理ができない自分をいかに上手くフォローするか』が重要になってきます。つまりそれは、マズいものを作ってしまった時に、どう許してもらうかということ。

料理ができないのを「だって、しょうがないじゃん。できないんだから!」と開き直れば、男性も呆れてしまいます。「私は一生懸命がんばっているんだけど、どうしてもうまくできない」という、カワイイアピールが欠かせないのです。

努力する姿勢は見せる!

インターネットの掲示板でも、妻のメシがマズすぎて困るという相談を見かけたことがありますが……それだけを理由に離婚を考える男性は稀だといえます。料理が下手であること以外は満足しているという旦那さんが多く、離婚を考えるほどの人は、料理以外に原因があるケースがほとんどです。

また、どれだけトンチンカンなものを作っても、それが「愛する人のため」であれば、男性は許してしまうものです。万が一、どう頑張っても美味しいものが作れないと悟っても、努力することだけは忘れないようにしましょう。

 

Photo by.avaxhome.ws


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…