匿名アプリ「Rumor」で恋が芽生える!?『彼女がいない歴=実年齢男子コン』第4弾レポート

週刊プレイボーイの人気連載「婚活廃人」がプロデュースする街コンイベント彼女がいない歴=実年齢男子コン produced by 週刊プレイボーイ、通称「童貞コン」の第4弾が、表参道の地中海バル「BACCHUS‐バッカス‐」にて5月16日(土)に開催されました。匿名投稿アプリ「Rumor(ルーマー)」を使用して、面と向かっては言えないような本音をこっそりつぶやきつつ、街コンを楽しむ人気企画も好評につき今回で4回目! その模様をレポートいたします。

“彼女がいない歴=実年齢男子”と付き合うメリットは?

イベントがスタートする前に、参加する女性陣に話を聞いてみました。これまで女性と付き合ったことがない男性たちと出会いを求めて集まった皆さんですが、“彼女がいない歴=実年齢”男性の魅力って?

「大学生活では、サークルに夢中でなかなか出会いがなかったんです。私もこれまでひとりといか付き合ったことがなくて…。ダンスサークルに所属していたものの根はインドア派なので、趣味の合う人がいれば良いなあと思って参加しました。女性経験の少ない人の方が、変に気負わなくて良さそうだし、真面目なお付き合いが出来そうなので今日は期待しています」(22歳女性/大学生)

CIMG1133

「私も一度も男性と付き合った事がないんです。だから、同じような境遇の人と出会えるチャンスだと思って参加しました。絵を描くのが趣味なので、そんな趣味を共有できる人が良いですね。最近は写真を撮るのにハマっているので、写真が上手な人も良いなあ。あとは口元がキレイな人かな(笑)? 細かいところにも気を遣える人がいいです」(24歳女性/販売職)。

女性たちは、「趣味が合う」というのがキーワードのようです。確かに、会場を見渡すと男女共に草食系っぽい人が多くていかにも趣味が合いそう。かつての開催では、童貞狩りの肉食女子の方々に会場を占拠されたこともありましたが、今回、女性は控えめながらも、話していて感じの良い人が多かったです。そして純粋にかわいい人が多い!

モテない原因はそのネガティブさ? 男性陣にインタビュー

そして男性陣。見た目には特に問題はなさそうに見えるのですが、話しかけてみると非常に謙虚というか…、ネガティブな人が多かったのが印象的でした。「気になる人はいるんですけど、僕なんかが話しかけて良いのかなって…」(24歳男性/製造業)「このイベントのことは『週刊プレイボーイ』で読んで気になっていたんですが、思ったより年齢の若い人が多くて場違いな気がしてきました」(29歳男性/会社員)なんて後ろ向きな発言を多く耳にしました。「そんな自信のなさが彼女の出来ない理由では…」という言葉を飲み込みつつ、男性陣の女性への接し方をチェック。

CIMG1143

例えば、目の前の女性のグラスが空になっていた時に、

・何が飲みたいか女性に聞いて、ドリンクを持ってきてあげる人
・気づかないで、ひたすら話し続ける人

そこだけ切り取れば些細な違いかも知れませんが、ネガティブ発言をしていた人は、余裕のなさからかそんな小さな気遣いも出来ていない方が多かった様に思います。必ずしもグラスが空けばドリンクを取りに言って欲しいという訳ではないけれど、気遣われてうれしくない女子なんていないはず!

ネガティブ男子のホンネが見える?「Rumor」タイムがスタート!

そうこうしているうちに、お待ちかねの「Rumor」タイム!

CIMG1150

「いま現在気になる異性の特徴は?」という質問を筆頭に、「理想のえっちのシチュエーションを書いていこう」なんてお題も登場して、さすがにこれは童貞には刺激が強いんじゃと思うような場面もありましたが、意外にも(?)際どい質問の方が盛り上がっていました。「ここでは絶対言えない秘密は?」という質問に書き込まれた答えに、こちらではお伝えできないほど過激な発言で、会場がざわめく場面も…!

いよいよ告白タイム! カップル成立なるか?

そしていよいよイベントのクライマックス、告白タイムに突入!

CIMG1155

CIMG1161

告白タイムには、男性が気になった女性にその想いを伝えます。話しかけた時に「あの女性が気になる」と言っていた男性は、なぜか別の人に告白して玉砕していました。その他、参加者以外の女性スタッフに告白する人や、告白せずに棄権してしまう人も。そんなイレギュラーな出来事にヒヤヒヤしつつ、3組+αのカップルが成立しました!

CIMG1164

終了後は「Rumor」で反省会!

イベントが終了した後も、「Rumor」には続々と投稿が。匿名アプリということもあって、イベントに対する率直な感想や、参加者に対する意見も。「リアル童貞会議」、「女子会」などと銘打って今回の参加メンバーでのオフ会も計画されているようなので、このイベントから新たな恋が芽生えることを願うばかりです!


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…