幸せな結婚生活を送りたければ…!オトコに「愛される女」になるコツ

大好きなカレを必死に追いかける恋よりも、やっぱり女性は愛される恋に憧れるもの。落ち込んだ時、疲れたときに「今日もキレイだね」「大好きだよ」と言われるだけで、前向きな気持ちになれますよね。

(出典:株式会社リンクバル)

『恋学』が行ったインターネット調査でも、8割(79%)の女性が「自分を愛してくれる人」と結婚した方が幸せになれると感じていることが分かっています。

「でも、好きな人の前だと強がっちゃう悪いクセがあるんだよね…」

そんな不器用な女性のために、オトコに愛される女になるための超簡単なコツをご紹介します。

1:「教えて!」を言いすぎない

「『誰と飲みに行くの?』『何時に帰ってくるの?』って毎日細かい予定を聞かれると、ウンザリする」(34歳・メーカー)

夫婦なら、「パートナーの予定を把握しているのは当然でしょ!?」なんて思ったら大間違い! 恋人同士の感覚でいつまでもカレを束縛していると、家庭に安らぎを感じなくなってしまいますよ。

カレの行動が気になるのは分かりますが、知らない方がいいことだってたくさんあります。「ねぇねぇ、教えて!」と男性を問い詰めずに、「夕飯いるの?」「飲みすぎないようにね」と余裕を持って接するのが、愛される女になるコツですよ。

2:人前で絶対にカレをけなさない!

「男ってプライドが高いから、人前でバカにされるとムッとしちゃう人が多いんじゃない?」(31歳・公務員)

共通の友人の前だと、「この前さ…」とつい口が滑ってしまいがち…。でも、そのうっかりが原因で別れに発展してしまう可能性を忘れてはいけません。

プライドの高い男性ほど、人前でバカにされるとムッとするものです。たとえ不満があっても、口に出してはダメ! 外に出たら、恋人の三歩下がって後ろを歩く、ちょっぴり古風な女性を目指してみてはいかが?

3:言葉にならないコトバを受け取る

「何も言わなくても分かり合えるって幸せだよね。理解してもらえてるって実感できる」(36歳・建築)

シャイな男性にとって、「好き」「愛してる」といった言葉はとっても苦手。できることなら避けたいと思っている人が多いんだとか…。

「私のことどう思ってるの?」「もう嫌いになったの?」なんて責めたら男は逃げてしまいますよ。ずっと愛される女になりたければ、もっとカレと向き合って、男性が憧れる“あうんの呼吸”を身に付けてみて!

今回のまとめ

あなたも3つのポイントを抑えれば、愛される女になれること間違いなし! 「お前と結婚してよかった…」いくつになってもキュンとしちゃう幸せな結婚生活が待っていますよ。

 

【参照】
恋学アンケート
2015年6月16日現在

 

【取材協力】
20~30代の既婚男性

photo by A.M.F. photo


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…