焦らしテクでセックスはもーっと楽しめる!

梅雨ですね、ジメジメしますね。

そもそもこの時期を「つゆ」と呼ぶこと自体が、私にはイコール「セックスしちゃいなよ」っていう暗号文みたいなものにしか思えないんですよね。だって卑猥脳だもん。(笑)

さて、お天気が悪いと外に出かけるよりもお籠りっていうのが常になりますね。

お籠りってなにするの?…ってあーたセックスでしょう!(え?ちがうの?)

今回はこの時期にオススメな、時間をたっぷり使って楽しめる焦らしテクのおはなしをしちゃうよ!

焦らし効果を侮るなかれ

いつもカレーばっかりじゃ飽きるっていうのと同じで、いつものテンポ、いつものスピード感でするセックスも徐々に飽きてきます。

同じ挿れて出すっちゅういつもの流れだと、回数を重ねるうち大体のシナリオが読めてしまう→相違するのは時間の差異くらい→つまんない→でも雰囲気は壊しちゃいけない→そりゃ演技もしたくなる!(…よね?女子諸君)

焦らしっていうのは変化球や魔球のようなもので、相手を惑わして、手のひらで転がして間延びの時間を楽しんで「ためてから出させる」テクです。

是非モノにしちゃってください!

簡単な焦らしかた

誰でも今すぐに出来る簡単な方法があります。

今そばに相手がいて、あなたは書き物や読書やテレビを見ている状況だとします。

あなたは今していることの手を止めずに、「ねえ、今日なにする?」とか「たまってる?」「やりたい?」など、セックスに発展しそうな内容をあえて平常心を装いながら遠回しに尋問していきます。

ここで大切なのは、自分の感情はひた隠すこととちょっと意地悪な感じも装うこと。

で、相手がその気になって寄ってきて、たとえば何かしてきたとしても、あなたは今までしていたことの手をすぐには止めず、できるだけ動じないこと。ここでまず自分をできるだけ焦らしてください。

そうしているうちにあなたのつれなさに焦らされ、相手も本気を出してくると思います。そのあと応じるまでの時間はお任せですが、こうやってちょっとつれなくすると相手ものめり込みやすくなり、互いにボルテージが上昇してかなり盛り上がること請け合いですので、ぜひやってみてくださいね。

アップサイドダウン!

Aさん「つーかまじ正常位のときは脚を開いていればいいだけだから超ラクじゃね?」

しゆり(…つかみ掛かって、ほっぺたパーン!)

あ、すみません。つい…。

セックスはベッド上でのエンターテイメントだと思って欲しいんですけど、皆様どうですかね? 一所懸命に腰振るのは男性の務めですって?

イヤイヤ、そんなのつまらないですよ。

誰でも腰を振っている途中にちょっとは間欠がありますよね?

そのタイミングで今度あなたが上になってみなさいよ! 誰だってはじめは初心者なんだから大丈夫。腰の振り方なんか彼だって初めはわからなかったのよ!

じゃなかったら、そうね、彼を強引に押し倒してそこに生えてるのパクついちゃったらどうかな? わたしだって初めはオッカナビックリだったけど、今じゃこうよ!!(ビシッ)

特にラブホに行ったときなどは、広いベッドでちっさくまぐわうだけなんてモッタイナイ! 是非、いつもと違うやり方でじっくり楽しんでいただきたく存じます。

そうしているうち、きっと、梅雨も明けちゃうから~!

 

Photo by Davichi

しゆりの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…