恋愛運を高めるには夏が一番!誰でもできる風水の工夫で運を呼び込もう!

もう間もなく、本格的な夏がやってきます。
気温と湿度が高いと、人体は発汗量も増えますし、汗と一緒に体の外に老廃物が放出されていきますよね。

先日、筆者に風水についての面白い話を分かりやすく伝えてくれる師匠が、こんな話をしていました。
「運勢と人体の構造はどこか似ていて、夏場になると人の新陳代謝が上がっていくように、運勢もまた代謝が活性化する」というのです。

つまり、一般的な風水に見られるような部屋の模様替え、これを効果的に、その都度変えることで、夏場に思いっきり運勢を良い方向に動かすこともできるというんですね。
そんな美味い話があるものかと思ったのですが、興味がないこともないので色々と聞いてきました。

梅雨の時期は運勢が滞りがち?停滞を解消するためのインテリアとは?

6月から7月にかけては、大体いつも梅雨時ですよね。
筆者はこの季節が大嫌いです。どうせ暑いならカラッとした気持ちのいい暑さを求めているのですが、梅雨といえばジメジメムシムシ。気持ちが滅入ってしまいそう。
実際、梅雨時は風水においても陰の力に作用するエネルギーが溜まりやすいのだとか。
陰とはその名の通りあまり良い影響を及ばすことがないパワーで、放置しておくと運勢はどんどん悪くなります。

まして運勢の代謝が活発化している時期にこれを放置しておくと、日増しに運の質が低下していく、という話です。
これを防ぐには見た目にも涼しいイメージを与える家具や、安価なものでもいいので観葉植物を持ち込むのが効果的なのだとか。
特に観葉植物は陰の気を含んだ湿気を吸い取ってくれるのでオススメということです。

夏本番に向けてさらに運を上向きにして出会いを呼び込もう!

さて、運勢が良くなることそのものは願ったり叶ったりですが、例えば金運よりも健康運、健康運よりも恋愛運と、人によって求めるものは違ってきますよね。
ここは「恋学」ですから、恋愛運についてのお話をしたいと思います。

恋愛運をアップさせる風水そのものは、ネットや書籍にたくさん紹介されているのですが、前述のように運の代謝が激しい夏場のこととなると、ちょっと工夫のしどころが違うようです。
具体的にいえば、梅雨が過ぎてもジメジメとした気持ちにならない、晴れやかな印象の家具を取り入れた模様替えを行うことが吉とされています。

たとえばアジアンテイストな小物を置くとか、簡単なところでは常時除湿機を稼動させるだけでも運の向上が見込めます。
それから生きた花を絶えず家の中に飾るだけでも、代謝を促進しているこの時期の運勢には良い影響を与えるということです。

おわりに

風水に限らず、占いなんてものは気の持ちようでどうとでも解釈が変わるものです。
ですがせっかくの夏を間近に迎えている以上、部屋の模様替えをして新しい季節に備えることは大切。
模様替えをするだけで、気持ちをリフレッシュすることに繋がり、日々の生活に変化を生みます。
自分好みのレイアウトになった部屋は、過ごすのも楽しくなるものですし、心もウキウキしてきます。
そういう気持ちの変化が、あるいは自分でも気が付かないうちに気分を穏やかにして、知らず知らず魅力的な人物に仕立てているのかも知れませんね。

 

 

photo by ACworks 556km


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…