「実はね…」暴露したらダメ! 墓場まで持って行くべき女のヒミツ

突然ですが、あなたは恋人にナイショにしていることはありますか?

「年下のカレに気に入られたくて、10歳サバ読んでる」
「エッチのとき『初めてなの』ってウソついちゃった」
「他の男性にアプローチされて、こっそり食事に行ったことがある」

などなど、女性には「実はね…」とこっそり暴露したくなるようなウソがたくさん。でも、うっかり真実を口にすると、悲しい別れを招く“危険レベル”のウソもあるようですよ。

1:2人に1人が「別れの危険レベルの秘密」を持っていた!

グラフ1

(出典:株式会社リンクバル)

『恋学』が行ったインターネット調査「彼氏・旦那に絶対に内緒にしていることはありますか?」によると、2人に1人が「バレたら別れの危機レベルの秘密を持っている」ことが判明! 「バレても別に大丈夫なレベルのちょっとした秘密をもっている(30%)」を含めると、8割の女性がウソをついていることが分かったのです。

2:「危険レベルの秘密」とは?

恋多き丸の内OLたちに「危険レベルの秘密」についてこっそり聞いてみたところ、「浮気」「不倫」「夜の仕事」など、バレたら修羅場を迎えるような話題がいっぱい。「昔の恋人からのプレゼントを愛用している」「いま使っている家電はすべて元カレのもの」「家賃の半分は不倫相手が負担している」なんてツワモノも…。

もちろんどれも墓場に持って行くべき女のヒミツ。今の恋人を大切にしたければ、口が裂けても真実を伝えてはいけませんよ。

3:笑って話せる「ちょっとしたヒミツ」って?

では、どの程度のヒミツなら恋人に話してもよいのでしょうか。

丸の内OLに、これまで暴露したことのあるヒミツについて聞いてみたところ、「オタク趣味を持っている」「料理できない」「片づけが苦手」など、一歩間違えるとマイナスイメージに繋がりますが、絶対に相手を傷つけることのないことばかり。

結婚を考えている相手なら、タイミングを見計らって打ち明けてみてはいかがですか?

今回のまとめ

いかがでしたか? あなたも「危険レベルの秘密」は墓場まで持くべし! ただし、「離婚歴がある」「子どもがいる」「借金がある」などは、事前に伝えておくのが交際前のマナーかもしれませんね。

 

【参照】
恋学アンケート
2015年6月23日現在

【取材協力】
丸の内OL

photo by Drodeian


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…