「気になる子」から「本命」になる為のキメテ!!

仲良くなれてもなかなか踏み込んでこない彼。
その理由はいったいなんでしょう。
あなたの事をなんとなく気になっていても、まだ彼にとっての「これだ! 」というものがないのかもしれません。
そこで、「気になる子」から「本命」になる為のキメテをいくつかご紹介致します!!

適度な色気の演出

一緒にいたら楽しい、気が合う、という女性は男性にとって誰もが気になる子。そして、気になる子を常に何人か周りに置いておきたいと考えるのも男性の心理。
もしあなたもその中の一人であれば、そろそろ適度な色気を演出してみて下さい。ポイントは「適度」と言う点。毎回色気を出されると、「軽い女性」という印象を与えかねませんので。

では、適度な色気と言うのはどういうレベルなのでしょう?
それは、時々肌を露出する洋服を着たり、時々ボディータッチを多めの日を作ったりと言う程度。時々で良いのです。色気をちょい出しすることによって男性は、「もっと見たい! 」 と思うものです。

「この子俺の事好きなのかな? 」と勘違いさせるくらいの好意

好き好きアピール全開は逆効果です。面倒くさい対象になるか、そうならなくとも「どうせ自分の事好きなんだからキープしておこう」という風に思われてしまいます。

それをさせない為に、自分がどんなに彼を好きでも好き好きアピールは隠しておくべきなのですが、全く隠すのもそれはそれで「自分には興味がないんだ」と思わせてしまいます。

男性は、自分に興味がある女性が好きですからね。「好きなのかな? 」と勘違いさせるくらいの好意を見せておきましょう。
大人数でいる時に彼に話しかける機会を多く作ったり、彼の話に同意を示す量を増やしてみたり。アイコンタクトを多めに取ってみたり。お試し下さい!

ギャップを見せる

男性が女性を好きなるポイントとして最も多いのがギャップです。

「いつもおバカそうな子が一生懸命仕事している姿に思わず惚れた」 飲食店勤務 28歳
「しっかりものの先輩が酔っぱらって甘えて来た時に抱きしめたくなった」 広告代理店勤務 33歳

普段抱かれているイメージと真逆の事を演出してみてください。
あなたがいつもお調子者キャラなら真面目な一面を。逆に、固いイメージがあるならば隙を。お洒落なキャラならオタクな一面を。
ギャップが浮かばないならば、無理矢理作ってみて下さい(笑)

尊敬出来る一面をアピール

女性として好きになるということは、人として好きになることと同じです。
何においても男性主体、男性がリードするのが当たり前。例えばお会計も男性持ちが当たり前。
などのように、ただ、男性側にだけ求める様な女性は本命にはなり得ません。

しっかりしている一面、つまり尊敬出来る一面があることをアピールしましょう。
将来について自分のやりたいことがベースな生き方プランを考えられていることや、周囲の人に対しての配慮などが効果的でしょう。

今回のまとめ

いかがでしたか?
好きな人に好かれる為に、ただ楽しい存在でいよう、彼に嫌われない様に彼に合わせよう。と言うばかりでは今一歩本命候補には届きません。

本命になる為のキメテ!! 是非参考までに!

 

Photo by studio.es


この記事どうだった?

5いいね!

2うーん…