ビッチと呼ばないから!本命の彼が待ち望んでいる「女子のエッチテク」4選

遊んできたことを、しれっと隠して本命の彼とエッチしている女子もいます。そうたくさん遊んできたわけではないけれど、なぜか変態的なエッチを知っている女子もいます。

今回は、本命の彼が待ち望んでいる「女子のエッチテク」について迫ってみたいと思います。

さっそくご紹介しましょう!

1:タマ吸い

「タマはぜひ吸ってもらいたいです。あれ、なんか、くらくら~ってくる感じで、気持ちいいんですよね」(24歳・コンビニ)

そもそもタマは吸われるためにある、ということを知らない女子もいるでしょう。ハイ、タマは吸ったり舌で転がしたりするためにあります。だから丸いのです。そういえば、肝吸いとタマ吸いは、おなじことを言っているのでしょ~か。(たぶん違うと思いますが)

2:各種3点責め

「フェラのときに乳首も触ってくれるとか、3点責めを知っている女子って、わりと遊んできたように感じるんですが、でもビッチなんて言わないから、やってもらいたいです」(25歳・IT)

女子は、ひとりエッチのときに3点責めが可能であることもありますが、男子はほぼ絶対に不可能なので、やってもらいたいのです。

3:なかなか抜けない騎乗位

「本命の彼女に騎乗位をしてもらいたいです。彼女がやらしく腰を動かして、なおかつ抜けないってのが最高です。でも彼女は恥ずかしがってやってくれないんです」(24歳・コンサル)

だいたい、女子が恥ずかしいと思っているプレイこそ、男子は見たいし味わいたいと思っています。

4:アナルを!

「本命の彼女にはアナルを触ったり舐めたりしてもらいたいです。中学生くらいからアナルが感じる僕ですが、恥ずかしくて本命の彼女にはなかなか言い出せないんですよね」(21歳・大学生)

では誰にアナルを触ってと言っているのでしょ~か!?

今回のまとめ

いかがでしたか?

男子はとくに、乳首が感じることと、アナルが感じることを素直に言い出せない傾向にあります。心を許しあえる本命の彼女「だから」言えない……ということです。

心を許しあえる本命の彼「だからこそ」、素直に「どこが感じるの?」と聞いてあげてみてはいかがでしょうか。

きっとこれまでのエッチはなんだったんだろう……というような最高の快感にカップルで身悶えすることでしょう。

 

Photo by scmemd

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…