そんなことだったの!? 仕事を理由に彼女を作らない男性の本音とは

なんとなくいい感じになっているけど、なかなかお付き合いにまでは発展しない男性に、勇気を出して自分から「正式に付き合ってほしい」と告白したら、「今は仕事をがんばりたいから、彼女をつくるときじゃない」という返事。

ハッキリと断られたわけじゃないし、一体どうしたらいいのかわからない…。なんて状況に悩んだことのある女性、少なくないのではないでしょうか? 

今回は仕事を理由に「今は彼女を作らない」という男性の本音と、そういわれた場合の対策をお伝えしたいと思います。

■遠回しに断られている可能性大

男性は付き合う気のない女性から告白された時、相手を傷つけないようにやんわりと遠回しな言い方で断ることが多いようです。そんなときに便利なのが「仕事が忙しい」という理由。

告白した側からすれば「仕事がひと段落したら付き合えるのかな?」という希望を持ててしまうので、待つべきか諦めた方がいいのか迷ってしまいますよね。

けれど、ほとんどの男性は「いくら仕事が忙しくても、好きな女性に告白されたら付き合う」というのが本音。遠回しに断られたと判断して次の恋愛に進むのが得策です。

■脈アリかどうかわかる!? 次の一手の打ち方

仕事を理由に今は付き合えないと言われた場合、「付き合っている人がいる」、「好きな人がいる」等の理由で断られたのとは違って、100%脈ナシとはいえないケースも。

告白後にそっけない態度を取られたりしないようであれば、少し時間をおいてから飲みに誘ってみるのもひとつの手。このとき重要なのは焦って日程を詰めようとしたり、しつこく誘わないこと。

「最近仕事の調子はどう? 今度気晴らしに飲みに行かない?」とサラッと誘い、相手が乗ってきたら体調などを気遣いつつ、さりげなく応援していることをアピールしましょう。

「オレの事を気遣ってくれるいい子」という立場をキープしておけば、本当に仕事が忙しいのが理由なら、仕事が落ち着いたところで必ず彼の方からアプローチしてきます。

ノリは合うけどイマイチ付き合う決め手に欠ける…と思われていた場合でも、常に自分の味方でいてくれる女性だということがわかれば、次第に本命候補として意識し始める可能性も。

恋愛に駆け引きはつきものです。理解のある大人の女性として好印象を与えるように心がけながらしばらく待つものアリですが、あまり反応がないようであれば早めに見切りをつけることも大切。しっかりと見極めて、本当の幸せを掴んでくださいね。
(YUKICO)

この記事どうだった?

14いいね!

9うーん…