秘密だから燃える、経験者が語る「社内恋愛」の法則

同じ職場で働く異性にドキッとした経験のある女性も多いのではないでしょうか? 仕事に熱中している彼を見ているうちに、いつの間にか恋心を抱いていたというケースも珍しくありません。

秘密だから燃える、経験者が語る「社内恋愛」の法則
ただ、社内恋愛=困難・障害が多いというイメージもあるはず。同じ空間で働くことができ、お互いの良いや魅力を発見できるというメリットはありますが、それ以上に職場仲間との兼ね合いなどの問題も出てきます。

今回は、社内恋愛経験者からのアドバイスを踏まえながら、社内恋愛の在り方について考えてみましょう。

何がきっかけで社内恋愛に発展するの?
社内恋愛に憧れている女性が知りたいのが、「どうやって社内恋愛になるのか」というきっかけだと思います。きっかけは十人十色ですが、次のようなきっかけが多いようです。

・同じ企画を任されて、関わる頻度が高かったため。
・職場以外でばったり会って、仕事中の雰囲気とはまた違った魅力を感じた。
・残業や仕事を手伝ってもらった。
・仕事でミスをしたときにフォローしてくれた。
・飲み会の席で急接近した。
・デスクが近く、やり取りする回数が多かった。

同じ職場だからこそ得られる特権なので、きっかけづくりは大切にしたいですね。

職場仲間にいつ伝える?
彼との社内恋愛がスタートしてからも、悩みが尽きることはありません。ある程度の交際期間が経つと、職場仲間にいつごろ彼と交際していることを伝えるかという問題も出てくるでしょう。

経験者たちは「仲の良い同僚には、早く伝えておかないと後から面倒なことになる」「信頼できる上司には交際して数か月で伝えた」「絶対に周りにばらさない、口の堅い人数名に伝えて、あとは退職ぎりぎりまで言わなかった」と言います。

「職場仲間に全部知られてしまって、退職する羽目になった」という失敗談もあるので、職場での恋愛話は避けておいた方が無難でしょう。

逆に言わない方が燃える
特に仲の良い同僚だけにしか言わなかった経験者は、「仲間が知らない状況の中、2人の愛を育めるという状況に燃える」という、社内恋愛ならではの快感を楽しんでいたようです。

どういう関係にするべきかをしっかりと彼と話し合うことが、社内恋愛を成功させる秘訣とのこと。2人の意見にズレがあると、ケンカの原因になるので気を付けてくださいね。

社内恋愛真っ只中の人は、経験者談を参考にしてどうすれば社内恋愛をうまく発展させることができるかを今一度考えてみてはいかがでしょうか?
(RUREI)

この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…